2021.04.05

彼女がいる彼と付き合いたい...!禁断の「カップルを別れさせる」おまじない4選って?

好きな人がいるけれど、その人には彼女がいるということもありますよね。彼女がいる人にアプローチなんかできないから、別れるのをずっと待っているということもあるでしょう。

待っているだけじゃ自分の恋が進まないのでなんとかしたいと思うこともありますよね。嘘をついてカップルを別れさせると、罪悪感が生まれてしまいます。そこでカップルを別れさせるおまじないを紹介します。

別れさせたいカップルがいる女性は、必見ですよ。
鏡には不思議な力があります。そこで鏡を使っておまじないをしてみましょう。やり方は簡単です。まず、鏡に別れて欲しいカップルふたりの名前を書きましょう。あだ名ではなくフルネームを書いてください。あとはその鏡を割るだけで完了です。

このおまじないに使う鏡は、普段自分が使っている鏡を使ってください。使用歴が長ければ長いほど、効果が高くなります。自分の持っている鏡を割りたくないのであれば、新しい鏡を買ってもよいですが、少なくとも数日は使ってからにして下さい。
鶴は昔からおまじないによく使われます。入院している人に折り鶴を渡すのもそういった習わしがあるからです。そこで、折り紙で作った鶴を使ったおまじないのやり方です。

用意するのは20cm角の赤い紙です。この紙に赤いペンで別れて欲しい女性の名前を書いて下さい。そのあとでその紙を使って鶴を折ります。鶴を折るときに別れるように念を入れておりましょう。最後に、できるだけ高い場所から鶴を飛ばしたら完了です。
花を使ったおまじないも存在します。実物の花ではなく、絵を使ったおまじないのやり方です。

使うのはたんぽぽの絵です。どこかで買ったものでも自分で書いたものでも構いません。そのたんぽぽにむけて、毎晩好きな人が彼女と別れるように祈りを捧げるのです。

たんぽぽには真心の愛といった花言葉があります。自分が彼を幸せにするという気持ちを込めて、毎晩祈ってみて下さい。
おまじないにお金を使うことも多いです。特に五円玉はご縁という言葉と韻が同じため、おまじないによく使用されます。そこで、お金を使ったおまじないのやり方です。

用意するのは赤い紐と、2枚の五円玉と1枚の一円玉です。2枚の五円玉を赤い紐で結びます。このときに、自分と彼の事をイメージしながら紐を結びましょう。次に一円玉に彼女のことをイメージしながら息を吹きかけてください。あとはこのお金を財布に入れて持ち歩けば完了です。

おまじないに使ったお金は使用せずに、効果が出るまで持ち歩きましょう。間違って使わないように、小袋に入れてから財布に入れると良いでしょう。
彼が彼女と別れたら早速行動しましょう。

自分のせいで別れたのかもしれないなんて考えてはいけませんよ。彼と彼女が選んだことなのですから。

(ハウコレ編集部)

関連記事