2021.04.05

どうすればいい...?彼氏が「ひねくれ者」だった時の対処法って?

皆さんの周りにひねくれ者はいますか。もし好きになった人がひねくれ者の場合、どのように付き合っていけば良いのでしょうか。

今回はひねくれ者の特徴と、ひねくれ者と上手に付き合っていく方法を紹介します。
ひねくれ者の性格の特徴として、自分の思考や言動に自信を持っていません。ですが周りにはそういう弱い部分を見せないために自分自身を強く見せることが良くあります。口調が強かったり態度が大きかったり、人を馬鹿にするような発言が多かったりすることもあります。

仮に周りから褒められても「どうせ自分なんか…...」と自分に自信が無く、素直に褒め言葉を受け取ることができません。そういった風に受け取ってしまう原因が、自分に自信が無いことが原因とされています。

自分に対しての自己評価が低く素直に褒め言葉も受け取れなくなってしまい、その結果ひねくれ者に繋がってしまうのです。
ひねくれ者の特徴として警戒心が強く疑い深いという特徴があります。常に周りに対して警戒しているため相手の言葉や言動を怪しんだり疑っているのです。素直に人の意見を受け入れることができないため、まずどんな人であっても最初は警戒し、疑いの目で相手を見てしまうのです。

簡単に言えば、素直な性格ではないためです。素直じゃないせいで人の褒め言葉も素直に受け取ることができず、内心は喜んでいるのに素直に喜べないのです。本音じゃなくてお世辞で話していると決め付けてしまうので、心を開くのにかなりの時間を要します。
ひねくれ者は人の幸せを素直に喜ぶことができません。他の人が仕事で成功したり結婚したり昇格したときなどに、素直に祝福することができません。他の人に比べて嫉妬心が強いのも特徴のひとつです。

自分ができなくて相手にできてしまうことが悔しく、人の成功に嫉妬してしまい素直に祝福することができないのです。

また、相手が幸せになってしまうと自分が他の人から下に見られてしまうのではないかと思い込んでしまいます。そのせいで、素直に人の幸せを喜ぶことができないのです。
もし、好きになった人がひねくれ者の性格だった場合、どのように接していけば良いのでしょうか。ひねくれ者の人と今後も付き合っていきたい場合、時間を掛けて距離を縮めていきましょう。

周りには警戒心を持っているので、すぐに仲良くなれません。毎日挨拶をしたり、少しずつ他愛も無い会話をしたりして、少しずつ仲良くなっていきましょう。
今回はひねくれ者の特徴とひねくれ者の上手な付き合い方を紹介しました。多少誤解されやすい性格をしていますが、根は良い人です。少しずつ心の氷を溶かしていき、ゆっくり時間をかけて仲良くなっていきましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事