2021.04.07

もっと愛される♡彼に「デートをして良かった」と感じてもらう方法って?

 
今の時代ではなにかと用事があって、なかなかデートに行くこともできないという方も、多いのではないでしょうか。ふたりともの時間をなかなか取れないなか、デートをすることができるというのは特別ですよね。 
 
 自分がデートをして楽しかったら、彼にもデートをして楽しかったと感じてほしいはずです。お互いに満足することのできるデートにするためには、デートの価値を高めるための言動をしましょう。
 
今回は、彼にデートをして良かったと感じてもらう方法をご紹介します。
 
 忙しい中でのデートだと、彼も仕事の疲れが残っているかもしれないので、体だけではなく、心も疲れてしまっているかもしれません。疲れているときに、大好きな人の笑顔を待ち合わせ場所から見ることができると、かなり幸せですよね。
 
待ち合わせ場所でパッと自分を見た瞬間に笑顔になってくれるほど、嬉しい瞬間はないかもしれません。その笑顔を見るだけでも「来てよかった」と感じたり、彼女からの愛情を再確認できるはずです。
 
 無表情で疲れている彼女の顔をみるのと、笑顔な彼女を見るのとでは全く違って来ますよね。会える時間がたとえ短くても不満な顔をするのではなく、会えるということに喜びを見いだして、明るい笑顔をするようにしましょう。
 
疲れているときに遠くまで歩くようなデートだったり、長時間ドライブをしたり、手間のかかるような食べ方をする食事をしていると、更に疲れてしまいます。彼女に癒されたからといっても、疲れるのは変わりません。
 
忙しい中でようやく会えたデートなのだとすれば、お店や内容にこだわらず、ふたりがリラックスできて癒されるようなデートをしてみてはいかがでしょうか。
 
時間が限られているかもしれないので、シンプルなデートでも喜んでくれるような相手だと、忙しくてもデートをしてよかったと感じてくれるでしょう。疲れているときには色々考えたくなくなるので、シンプルにすることも大事です。
 
デートが終わった後の帰り際で、離れるのが寂しそうにしていても可愛いですが、元気にしている姿を見ると、デートをして良かったと感じながら帰ることができるでしょう。
 
 好きな人が自分の考えたデートで、楽しんでくれているということを実感すると、体は疲れているかもしれませんが心は温かくなるので、満たされるのではないでしょうか。
 
 忙しくて短いデートをしたとしても、変えてきてからが大事なときもあります。彼と別れて帰ってきたあとも、「会えて楽しかった」「嬉しかった」などラブラブなメッセージを送ってみてください。
 
正直別れて悲しかったとしても、ラブラブなメッセージを送ることによって、さっきまで一緒にいたときの楽しい記憶が蘇ります。幸せにもなれるので、彼に甘えるようにしてみてください。
 
 まとめ 
彼と楽しくデートをしたあとでも、疲れが溜まってしまうのはしかたありません。デートをしてよかったと、お互いに感じることができるように、シンプルに楽しむことができるデートをしてみてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事