2021.04.06

もう友達のままなんて嫌だ!男性が「女友達に告白を決意する瞬間」

友達としては仲がいいのは自分でも分かっているんだよね。
よく話したり、相談に乗ったりもしてるし、何度かご飯も2人で行ってるしなぁ…。
でも、このままずっと友達っていうのは無理だよなー。
他の男に取られるのもイヤだし、どうしよ…。

仲のよい男友達がいる女性のみなさん。
もしかしたら、彼はこんなことを考えているかもしれないですよ?

今回は、男性が女友達に告白を決意する瞬間についてまとめてみました。
何度も2人でご飯に行ったり、遊んだりしている場合、男性は「そろそろ告白しよう!」と考えている可能性が高いでしょう。

2人で遊ぶというのは、デートをしているということですよね。

楽しく2人で過ごしていると、女性も同じように感じているのだと男性は思うのです。
「次に遊ぶときには、こういうシチュエーションで告白しよう!」と計画を練っているかもしれませんね。
好きな女性が弱っているときや、悩んでいたり苦しんだりしているとき、男性は女性の支えになりたいと思うようです。

「俺が彼氏だったら一緒にいられるのに」
「側で支えてあげたい」

女性の1番近くで見守ってあげたいという気持ちから、告白を決意する男性は多いようです。
好きな女性も自分のことを恋愛対象として見てくれていると感じたとき、男性は「よし、告白しよう!」と考えるようです。

女性が男性に対して好意のある態度で接していたり、なんとなく2人の会話がいい雰囲気だったり、お互いの話をよくしていたりすると、男性も「告白したらOKをもらえるだろう」と自信を持てるようになります。

そのタイミングで告白を決意することもあるとか。
他の男性が好きな女性を狙っていることを知ったら、多くの男性は焦るでしょう。

「ヤバイ、他の男に取られる前になんとかしなきゃ」と心の中で思います。

告白は「2人でもう何回か食事に行けるようになってから」とか「まだ先でもいいかな」とのんびり構えていた気持ちは一転し、どうしたら他の男性に先を越されないようにできるかを必死に考えるようになります。

女性の意識を自分に向かせるように、積極的にアプローチを増やして努力していきます。
その間は、常に告白のタイミングを伺っているのです。


女友達への告白は、とても勇気がいるものです。
うまくいけば嬉しいですが、ダメだったときには友達にも戻れないかも…という不安があります。
今回の記事に当てはまる男友達の言動があれば、少し彼のことを意識してみてもいいかもしれませんね。

(ハウコレ編集部)

関連記事