2021.04.11

君に決めたよ...♡男性が彼女に「プロポーズをしよう」と決意する瞬間とは

 
 彼にもそろそろ結婚を意識してほしいと考えている方も、いるのではないでしょうか。付き合いが長くなればなるほど、いつまで2人の関係が続いていくのか、不安になってしまいますよね。
 
 彼と長く付き合っていって、そのうち結婚できるようにするためにも、彼からプロポーズを言い出せるような女性にならなければいけません。今回は、男性が彼女にプロポーズをしようと決意する瞬間について、ご紹介していきます。
 
男性は、彼女と自分が一緒に生活をしていき、一緒の家庭を築くことができる気がすると、結婚のことを意識することが多くあります。彼と一緒に過ごす想像ができたら、一気に結婚したくなったという経験のある方も、いるのではないでしょうか。 
 
一緒に家庭を築いていけると思ったら、プロポーズを意識しているので、もし彼と同棲をしてないのであれば、結婚後の想像をより明確なモノにするために、同棲を始めてみるのも、一つの手ではあります。
 
 同棲をどうしてもすることができないのであれば、お泊りデートをしてみてもいいかもしれません。家庭的な部分を見せると、一緒に生活した時の想像もできるはずなので、お泊りデートをして、手料理などを振舞ってみてはいかがでしょうか。
 
誰しも楽しい時もあれば、辛い時もありますよね。大変な時期に支えてもらった経験があるのであれば、プロポーズを意識して、決心するという方も、多いのではないでしょうか。支えてもらったという部分から、結婚しても頼りになると感じるでしょう。 
 
この人と一緒なのであれば、どんなことが起きたとしても、傍にいて支えあい乗り越えていけるという安心感を彼に与えることができるからこそ、彼も結婚を頭に浮かべるはずです。
 
彼と結婚をしたいのであれば、彼が大変な時期には、彼のそばにいて支えてあげられるようになりましょう。彼にとって必ず傍にいてほしい存在になれれば、あなたのことを手放すことはしないはずです。
 
男性の胃袋を掴むと離れていかないという言葉もあるように、彼に手料理を振る舞い、結婚を意識させることもできるのではないでしょうか。
 
 結婚をすれば、彼女の美味しい手料理を毎日食べることができるという幸福感を感じて、想像をふくらましていると、今すぐにでも結婚したいという気持ちになるでしょう。
 
男性は意外にも周りの目を気にする方が多いので、距離や関係が近い友達などが結婚すると、自分もそろそろ結婚しなければいけないという気持ちになってきます。
 
 もし結婚をあまり前向きに考えてなかったとしても、友達から「まだ結婚しないの?」と言われてしまうと、焦ってしまいますよね。彼と同じ友達が結婚したら、あえて話題を出してみても、いいかもしれません。彼に結婚を自覚させましょう。
 
 
男性がプロポーズを決心するには、色々なキッカケがあります。彼に結婚を意識してほしい場合は、彼の結婚したいという欲を刺激して、彼にプロポーズしてもらうようにしましょう。
 
(ハウコレ編集部)
 

関連記事