2021.04.11

ずーっとそばにいて♡!「長続きカップル」が心がけていること4選って?

 
彼氏のことが大好きだとは言っても、長く付き合っていると、ケンカをしてしまったりすることもありますよね。毎日ずっとお互いのことを好きでラブラブしているカップルは、あまりいません。
 
できることなら、付き合っている彼といつまでもずっと仲良くて、ラブラブな関係でいたいですよね。いつまでも仲良くいられたら、長く付き合うこともできるはずです。
 
今回は、付き合っている期間の長いカップルが心がけていることについて、ご紹介していきます。
 
いくらカップルだとしても、それぞれ全く違うような人生を歩んできているので、少しの考え方の違いによって、なんとなくギスギスしたような雰囲気になってしまうこともあるでしょう。気まずい雰囲気になってしまうと、少しずつ距離が開いてきますよね。
 
気まずい雰囲気になってしまうと、もしかすると連絡を断ってしまうかもしれません。場合によっては一時的に距離を開けておいて、熱を冷ますのも効果的ですが、相手のことを大切に感じるなら、すれ違いを放置せずに穏やかに話し合うようにしましょう。
 
ふたりの持っている考え方を合わせるような機会があると、考えのすれ違いによって険悪な雰囲気をもう一度起こすこともないでしょう。感情的になってしまうと、話し合うこともできないかもしれないので、すれ違いが起きても冷静になって話し合ってください。
 
お互いが休みの日にはデートをするという、ふたりのルールができてしまうと、お互いに取っての、ひとりの時間が確保できなくなってしまいますよね。休みの日はデートをすると決めてしまうと、本来は楽しいデートのはずが、パターンと化してしまいます。
 
付き合い始めたときの、お互いに気持ちが盛り上がっていて、好きという気持ちが強いのであれば、少しくらい多くに会ってみてもいいでしょう。休みの日はデートをするというルールを決めるのではなく、ひとりで過ごす休みの日も作るようにしてみてください。
 
なにかイベントごとのある日は、ひとりで過ごすのではなく、なるべくふたりで過ごすようにしましょう。イベントごとに会わなくなると、お互いに別の人へ意識が向いてしまうかもしれません。イベントで会ったときは、特別感を出すようにしましょう。
 
お互いのどちらかが忙しくしていて、話し合う時間をとることができなかったら、距離を少し置くこともいいかもしれません。
 
忙しいときは少なくともストレスが溜まっていたり、仕事が忙しくなると、自分に余裕を持てなくなってしまうので、相手に優しくしたり気遣いすることもできなくなってしまうので、少し距離を置いてみてください。
 
 ふたりの関係が少し停滞してしまったら、抜け出すのは大変になってしまいます。停滞しないためにも、普段から予防が大切です。
 
ふたりで新しいことを始めてみてはいかがでしょうか。ふたりで一緒に新しい趣味を始めたり、新しいデートをしたりしてみると、いいようです。
大好きな彼と付き合っているので、いつも幸せだということは分かりません。ケンカをしたりギスギスしたりするのも恋愛なので、どうやって乗り越えていくのかが、ふたりの関係を深めるコツです。
(ハウコレ編集部)

関連記事