2021.04.11

もう君を手放させない♡!恋愛で「長続きさせる」ヒントとは

 
せっかく大好きな彼と、両想いになることができるのであれば、2人の関係を大切に育てていきたいですよね。一時の恋愛感情だけで、お互いにとっていい関係をキープすることはできませんよね。
 
言いにくいことであっても、言えるようになるオープンなコミュニケーションは、恋人だからこそという配慮も必要です。今回は、恋愛を長続きさせるためのヒントについて、ご紹介していきます。
 
何でも言い合えるような関係になることが理想だとは言いますが、そのような関係になるのは、かなり難しいことでもありますよね。正直に話したいとは思っていたとしても、自分にとって何か不都合があったら、言い出しにくいですよね。
 
都合の悪いことやかっこ悪いことは、言い出しにくいので、躊躇ってしまうということもありますよね。都合の悪いことで躊躇していてはいけません。
 
見栄やプライドに縛られずに、相手のことをしっかりと信頼して、何でも話し合えるような関係になってこそ、お互いに付き合っていっても、安定して長続きしていくでしょう。
 
 恋人としてずっと傍にいてほしい人は、傍にいたら気分を明るくしてくれて、テンションも上がり、どういうときだとしても、遊び心を忘れないような相手なのではないでしょうか。ユーモアさがあれば、笑いも起こりますよね。
 
ケンカをしてしまい、険悪なムードになってしまったとしても、険悪なムードすらも楽しんで、面白さを見いだせるようであれば、どんなことでも2人で乗り越えていけるようになるはずです。
 
2人で一緒にお笑いやコメディ番組を見たり、一日あったことを面白おかしく話すことができるような間柄だと、皆の理想のような仲の良い関係になれるのではないでしょうか。色々なことが起きても、深刻になり過ぎずに乗り越えていけるはずです。
 
 恋人としてお互いに長く付き合っていきたいのであれば、お互いの目標や理想を深くまで語り合うということも大切です。2人の夢や目標をお互いに支え合い、付け合うことができると良いですよね。
 
恋人という存在が励みになり、仕事などでもプラスの影響を与えられるようになると、人生のパートナーとして、かけがえのない存在になっているのでしょう。お互いにそのような存在になることができると、2人の仲は安泰ですよね。
 
過ぎたことでもいつまでも忘れずに、ねちねちと思い出して蒸し返すようなタイプの女性は、付き合いづらいですよね。女性の方が恋愛に対しての記憶力もあり、彼が忘れていることでも覚えていることもあります。
 
彼からもっと愛された言うのであれば、過去のことにいつまでも囚われず、2人で話し合ってから解決したのであれば、すっきりと水に流すようにしましょう。精神的にも、過去のことを流した方が、お互いに快適でしょう。
 
 
長く付き合っていると、どうしてもトキメキが薄くなっていってしまい、惰性で付き合っているということになってしまいますよね。仲良しのカップルでいたいなら、ドキドキ感やトキメキを大事にしていきましょう。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事