2021.04.12

この先も仲良くいようね♡!「長続きするカップル」の特徴4つ

せっかく好きな人と付き合うことになったのであれば、ずっと仲良しな関係でいたいですよね。付き合い始めたときから変わらずに、何年経ったとしてもラブラブなカップルとして付き合っていくために、見習ってみてください。
 
今回は、長続きするカップルの特徴について、ご紹介していきます。長続きするカップルになって、彼とずっと長くするために試してみてください。
 
長続きするカップルは、仲良しとはいっても、毎日連絡を必須にしたり、頻繁に会ったりしているわけではありません。ベタベタし過ぎてしまうと、彼とドキドキしたり、キュンキュンすることもありますが、ずっとしているのはあまりいけません。 
 
 お互いのことを大切にし過ぎているということはやめて、お互いの時間に対して干渉し過ぎず、適度な距離感を保つようにしてみてください。べったりし過ぎてないけど、無関心にもならないように、適度な距離感を大事にしましょう。
 
付き合っていると次第にお互いに関しての愛情表現が薄まっていき、いつの間にか全く愛情表現をしてなかったというカップルの方も、いるのではないでしょうか。いつでも傍にいてくれるから、安心してしまい、いるのが当たり前になってしまたのでしょう。 
 
 長続きするカップルは、毎日連絡を取って、毎日電話をしているというわけではありませんが、会ったときにはしっかりと愛情表現を欠かしません。言葉によっての愛情表現や、スキンシップもしっかりと使います。
 
いくら相手のことを好きで、いつも一緒にいたとしても、パートナーから愛情を感じられなくなると、付き合っている意味を考えだすようになってしまいますよね。頻繁に会うということではなく、愛情表現をしっかりとしておきましょう。
 
 言いたいことを我慢してしまっていると、いつか不満が爆発してしまい、今まで溜め込んだものが溢れ出てしまい、別れてしまうことに繋がるかもしれません。長く続くカップルは、不満があると話し合って解決策を探します。
 
お互いに不満が残らないようにするために、不満を少しでも感じたら、その都度解決していっているのでしょう。
 
「察してほしい」という気持ちを持っていると、解決できないこともあります。信頼しているでしょうが、言葉にして伝えて、1人では抱え込まないようにすると、長続きするカップルになるでしょう。
 
 価値観が一緒だという方はあまりいません。長く続いているカップルでも、お互いの価値観にズレを感じていることはあります。価値観が違っていたとしても、自分に対して合わせてもらおうとするのではなく、相手のことを理解して尊重するのが大事です。
 
意見が彼と違っていたとしても、相手のことを否定したりしないために、お互いのことを尊重して信頼関係を築いていってください。
 
長く続くカップルには、お互いのことを信頼して尊重しているからか、余裕のある雰囲気を感じます。相手のことを尊重しているからこそ、自分のことも尊重してもらえるので、試してみてください。
 
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事