2021.04.12

気づいたら大好きに♡...男性が「タイプではない女性」に惚れたキッカケ

好きな人ができたときは、彼のタイプな女性になれているのかなと気になってしまうこともあるのではないでしょうか。どんな人でも好みのタイプや、ルックス、性格などもあるので、自分では自信がなくても、彼の好みだという場合もあります。
 
実際に男性は、タイプな女性と付き合っているというのではなく、タイプではない女性と付き合うというパターンも多いようです。今回は、男性のタイプではない女性に惚れたキッカケについて、ご紹介していきます。
 
 顔がタイプな女性と付き合ったけど、話題が全然続かなくて気まずくなったことがあるため、会話の相性も大切だと気が付いて、大事にするようになったという方も、いるのではないでしょうか。
 
 お互いに共通な話題があったり、少しのことでも共感できるようなことがあると、一緒にいてデートをしたりする時間も楽しくなりますよね。メッセージを送るときや、デートをするときも、共通の話題があると、続くきっかけにもなるでしょう。
 
見た目がタイプだとしても、価値観や趣味が一致するかどうかは分かりません。付き合っていると、話題が尽きることなく、自然体で付き合っていける関係性のほうがラクなのではないでしょうか。結婚を意識している男性ほど、中身にも目を向けるはずです。
 
脈アリな女性と一緒にいたら、自分がモテていることが分かるので、気分もよくなりますよね。気が付いたときには自分のほうが好きになっていたということもあるでしょう。一方的に追いかける恋愛は辛いからこそ、好意を持ってくれたら好きになることもあります。
 
高値の花で、誰が見ても美人だという女性よりも、手が届いてしまうような相手と付き合うという確率も高いのではないでしょうか。男性も女性も、自分に対して好意を寄せてくれていると自覚すると、相手に対しても意識するようになります。
 
相手のことがいくら好きだからといっても、押しが強すぎてしまうと、男性も驚いてしまいます。驚かさない程度に好意を伝えると、恋愛も進展するようになるのではないでしょうか。 
 
彼女からいつも話しかけてきてくれて、笑顔がまぶしく、彼女のほうからアプローチをしてくれたおかげで、現在付き合うことができているということも、あるのではないでしょうか。
 
 偶然出会った男性からのアプローチを待っているだけだと、恋愛に繋がるチャンスは減っていってしまいます。男性から告白されやすい女性は、自分も行動を起こしているのではないでしょうか。
 
出会ったときは、何も思わなかったけど、一緒にサークルになって、一緒に過ごす時間が増えると、自然に好意を寄せるようになっていたという方もいるでしょう。出会う頻度が多いと、相手の中身や良い所を知ることができますよね。
 
長い時間デートをして、少ない回数会うというのではなく、短い時間だとしても、何回もデートをしたり会話もたくさんすることによって、心の距離が縮まるということもあります。
 
恋愛をしていく上で、外見を磨くための努力は必要ですが、実際に交際しているカップルが全員見た目で選んでいるわけではないので、中身も磨いていくようにしましょう。
 
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事