2021.04.12

彼の愛情表現が少ない...本当に「愛されているか」知る方法って?

自分の意志を伝えるのが下手ない彼氏と付き合っていると、愛されているのか不安になることがあるでしょう。
「私だけが好きなんだろうな......」「仕方なく付き合っているのかな?」と思う気持ちで胸がいっぱいになるときもあるはずです。

しかし、ただ愛情表現が伝わりにくいだけで彼氏はあなたのことを心から愛している可能性があります。

今回は、愛情表現が少ない彼氏に本当に愛されているのか知る方法について紹介します!
愛情表現をほとんどしない彼氏は、自分から「好き」「愛してる」とは言わないでしょう。

その言葉が聞けるだけで女性は安心するのですが、よっぽどでないと言わないために不安になるものです。

そこで、彼氏に直接「私のこと好き?」「私のどこが好き?」と聞いてみてください。自分からは言えないものの、聞かれたら「好きだよ」と答えてくれるでしょう。

恥ずかしそうにしながらも、話をそらさずに答えてくれるはずです。
LINEやメールなどのように文章にしてなら自分の感情を伝えられるという人もいます。

特にシャイな人は文章のほうが気楽に感情を表現できるでしょう。

そのため、彼氏があまりにもシャイで愛情表現をしてくれない場合はLINEで「私のこと好き?」と聞いてみてください。

絵文字をつけて可愛く聞きましょう。

LINEでなら顔を直接見ているわけではないため、彼氏の恥ずかしさも軽減されます。

そのため、いつも以上に愛情表現をしてくれる可能性もあるでしょう。
愛情表現をしてくれない彼氏に対して、日頃感じている寂しさを伝える意味も含めて少し冷たくしてみましょう。

あなたが冷たくしたときに彼氏が焦るようなら、その焦りが愛情表現でもあると思ってください。

大好きなあなたが冷たくなることに彼氏は不安を感じているのでしょう。
冷たくすると「どうして今日は冷たいの?」と理由を聞かれることもあります。

その時は「ちょっと寂しくて」と正直に伝えましょう。
彼氏の愛情表現をわずかでも多く感じたいと思ったら、彼氏の視線をチェックしましょう。

一緒にいるときも、少し離れているときも彼氏はあなたのほうを見ていませんか?

好きな人のことは無意識に見てしまうため、愛するあなたのことを彼氏はいつでも見ているはずです。

彼氏とやたら目が合うと感じたり、彼氏がこっちを見て微笑んでくれることが多いと感じたりすることが多ければ、あなたは非常に愛されています。
彼氏の愛情表現が少ないと、確かに不安になります。
しかし、彼氏の心の中はあなたでいっぱいになっているかもしれません。

彼氏の出す愛情表現に気付いて自信を持ってください。
(ハウコレ編集部)

関連記事