2021.04.13

これって付き合う意味ある?【別れるべき喧嘩の仕方】って?

カップルの中には、別れたほうがいいと感じる喧嘩をしているのにいつまでも付き合っている人がいます。情があるのか、まだ好きなのか分からないですが、何かしらの感情があって別れることができないのでしょう。

しかし、絶対に別れたほうがいいと思える喧嘩の仕方もあります。後々、取り返しがつかないことにならないためにも、どんな喧嘩をしたら別れたほうがいいのかについて紹介します。

既に別れたほうがいい喧嘩をしたという人は、今後の行く末を考えていきましょう。
喧嘩になったときに、あなたの意見を少しも聞いてくれずに一方的に責められたということがありませんか?何か発言したくても発言させないようにされるほど色々言われることもあるでしょう。

一方的に責めてくる人と付き合っていると何かあった時に話し合うことができません。なんでも勝手に決められてしまって、あなたの出る幕がなくなってしまうでしょう。

つまりは、付き合いそのものも一方的になってしまうということです。早く別れないと結婚しても一方的な環境の中で過ごさなければならなくなりますよ。
喧嘩して冷静になれない人ほど手が出ます。イライラして自分を抑えることができないため暴力という形で自分の強さをアピールしようとするのです。そういう人とは今すぐにでも別れたほうがいいでしょう。

早めに別れないと依存してしまう気持ちが出たり、別れた後にも恨みを持ったままになったりと自分が辛くなってしまいます。

次の恋愛をしたときにもトラウマになりやすくなるため、暴力が入る喧嘩を一度でもしたら別れると決めていたほうがいいでしょう。
喧嘩しているということは、本音で話してほしいですよね。喧嘩しているときにまで嘘をつかれてごまかされてしまっては、いつ本気で話すのか分からないものです。

こういう人とは、本音で付き合うことができません。また、何かあったときにすぐ嘘をつかれる可能性もあれば、浮気をされる可能性もあるのでさっさと別れて楽になりましょう。

嘘をつくということは、自分をかばっているということなので、こういう人は思いやりを持っているようには思えないですよね。
喧嘩して、かなり怖い雰囲気を出したり暴力を振るってきたりしたのに、喧嘩の後に自分の気持ちが落ち着いたからといって豹変する人がいますね。

一番別れたほうがいいタイプで、一番怖いタイプでもあります。しかし、豹変して優しくなることから、また好きな気持ちが出てきて離れられなくなることもあるでしょう。

そうなると悪循環でしかありません。また暴力を振られる可能性もあるので、豹変したことに騙されないようにしましょう。逆に豹変したから別れ時と思って別れてください。
別れるべき喧嘩をしてしまったときは、もう縁がなかったと思ったほうがいいでしょう。身の危険を感じるときは特に早めに別れてしまってくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事