2021.04.13

友達から恋人になれる?意識させる4つの方法とは

「友達だと思っていたのに気になるようになった…」「相手は友達だと思っているけど私にとっては好きな人…」などのように、友達から恋人になりたいと願う恋愛をしていませんか?

相手に友達と思われていたら、彼女になるのは難しいと考えがちですが、実はそうでもありません。

友達から意識させて恋愛関係に発展することは可能です。

どうしたら、彼に友達以上に思ってもらえるのかについて見ていきましょう!
友達という意識を取っ払うことが大事なので、皆で遊ぶのではなく2人で遊びにいきましょう。
「今度2人でご飯食べに行かない?」と誘うだけで相手もドキッとする可能性があります。

いつも通りのシチュエーションよりも、ワンランク上のシチュエーションを狙って恋愛を意識させましょう。
2人で遊ぶときは、恋人たちが行くようなデートスポットや、ロマンチックな場所でのご飯がおすすめです。

ちょっと大げさかも?と思うぐらい恋愛を意識させたほうが気付いてもらえるでしょう。
誰にでも言えないような話、友達にはしないような相談などを持ちかけるのもおすすめです。
例えば、「仕事で悩んでいるけど誰にも言えない…」などを気になっている彼にしてみましょう。

いつもの友達ノリで相談するのではなく、真面目に相談するのがポイントです。

友達として見せる顔以外の自分を見せることで彼が意識してくれる可能性があります。

また、自分から深い話をすると彼の深い話が聞けることもあるでしょう。

ただの友達ではなく、深い話ができる相手になれたらステップアップすることも可能です。
どうしても最初は友達として意識され続けるでしょう。

恋愛に発展するには、いい意味でのハプニングが必要です。
そのハプニングとして1番いいのがスキンシップです。

抱きつく、腕を組むなどのようにわざとらしいスキンシップはびっくりさせるのでやめましょう。

しかし、会話の途中で頭をなでる、肩に手を置く程度のスキンシップならドキッとさせることができます。

ちょっとしたスキンシップから、「そっか。女性なんだ。」と思わせることができたら、どんどん恋愛に発展することでしょう。
友達として「あなたいい人だから」と褒めることは今までしてきたはずです。
そのため、今度は異性として褒めましょう。

「いい人」ではなく「本当いい男だよ。」と「男」を使ったほうが意識されます。

他にも、「あなたと付き合う女性は幸せになれる」「あなたみたいな人が彼氏だったら最高なのに…」などの言葉も効果的です。

「まさか好きなのでは?」と思わせる褒め方をどんどんしてください。
友達から恋人になることは十分に可能です。
むしろ、友達だという接点があるため、恋愛関係になるのも有利だと思ってください。

いつまでも友達ではなく異性としての自分を相手に意識させましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事