2021.04.14

これって脈アリ?男性が【本命の女性】には絶対に送らないメッセージの内容って?

 
男性からメッセージが定期的に来て、盛り上がる話を毎回しているといっても、まだ脈アリだと考えるのは、早いのかもしれません。女性たちがまだ知らない男性の脈アリ行動はまだまだたくさんあります。
 
男性は本命の女性に送るメッセージと、本命ではなく友達だと考えている女性に送るメッセージでは、内容が変わっており明確に使い分けをしているようです、今回は、男性が本命の女性には絶対に送らないメッセージ内容について、ご紹介していきます。
 
 男性は基本的に女性から頼りにされたいと考えているので、直接会って弱い所を見せるのであればまだしも、メッセージのやり取りをしている中で、仕事への愚痴は言いません。仕事の愚痴を溢すのは、会社の同僚だったり、友達や関係ない人です。
 
愚痴を溢してしまうと、自分が仕事をできないという印象を女性に与えてしまうかもしれないので、プライドが高かったり、仕事に対してプライドを持っている男性は、印象を与えるリスクの少ない相手しか愚痴を言わないようです。
 
本命の女性には、自分が仕事をできる男性だと感じて欲しいので、メッセージだったとしても、仕事に対しての愚痴は送ってこないのでしょう。男性と連絡を取っているけど、全く愚痴を言わない男性なら、脈アリだと感じていいのかもしれません。
 
男性は本命の女性とメッセージのやり取りをしていると、なるべく長くメッセージを続かせて、いつまでも連絡を取り続けていきたいと考えているため、メッセージが終わってしまうようなことは絶対にしません。
 
返信に困ってしまい、「返信しなくていいか」と思われるようなことはしないので、女性からのメッセージに対して、スタンプだけを返すということもしないようです。逆に友達だと感じていると、適当に話を繋げるために、スタンプを使います。
 
男性から文字ではなくスタンプ返信を送ってくることが多いのであれば、その男性にとっての本命ではなく、友達という枠組みに入ってしまっているかもしれません。彼のスタンプ使う頻度にも注意しておきましょう。
 
男性が甘えても大丈夫だという気持ちになるには、付き合い始めてから時間が経たないといけないので、付き合ってもないのに甘えてくるような男性は、本命ではない可能性が高いです。
 
基本的に強かったり頼りになるというイメージを本命の女性には感じてほしいので、自分から弱い部分を明かしにはいきません。 
 
 男性が本命の女性には送らないメッセージ以外にも、直接会ったときなどにアプローチをしっかりしている場合も多くあります。
 
メッセージがダメだからといって諦めるのではなく、メッセージ外で男性とどのような絡み方をしているのか思い出してみてください。脈アリなメッセージではなくても、直接会ったときに脈アリ確定な絡みをしていたら、その男性は本気で好きな可能性もまだあります。
 
男性が本命の女性には送らないメッセージは、送られたからと言って、絶対に本命ではないわけではありません。彼の行動や言動にも注目して判断しましょう。
 (ハウコレ編集部) 

関連記事