2021.04.16

付き合ってないのに!ずっと忘れられない「ドキドキ」した体験談♡

 
結局は付き合うことにはならなかったけど、ふとしたときにドキドキしてしまったという経験をしたことのある方も、いるのではないでしょうか。ドキドキした経験は意外にも付き合ってなかったときのほうが、多いのではないでしょう。 
 
今回は、ずっと忘れることができないドキドキした体験談について、ご紹介していきます。付き合ってからのドキドキよりも、付き合う前のドキドキのほうが記憶に残っている方も、多いようです。
 
社会人になってから、仕事がうまくいかずに、落ち込んでいたという時期のある方も、いるのではないでしょうか。落ち込んでいるときに、先輩が丁寧に指導してくれて、無事字ごとを終わらせることができたときに、「頑張ったね」と言って頭をなでられたようです。 
 
 社会人になると、人から褒められることも少なくなりますよね。褒められただけでも少しドキッとするのに、頭をなでられたことによって、ついついドキドキが止まらなくなったということもあるようです。
 
頭を撫でられるというのは、恋愛漫画にもあるようにキュンとしてしまいますよね。付き合うかどうかはまた別の話になりますが、いい思い出にはなったのではないでしょうか。付き合った彼にもやってほしいですよね。
 
職場の飲み会のときに、気になっている男性社員の人に「髪の毛綺麗だね」と言われてドキッとしたことのある方も、いるのではないでしょうか。「触ってもいい?」と聞かれたけど、気になる人ならむしろ触ってほしいですよね。 
 
全く気になってなかったり、むしろ少し嫌悪感を抱いている相手から言われたとしても、ドキドキするどころか、絶対に触れられたくないと感じます。気になっている男性とは付き合うことはなかったけど、時が経った今思い出しても、ドキドキしそうですよね。
 
女性にとって髪の毛は特別な部分でもあるので、褒められると素直に嬉しいでしょう。特に髪の毛の手入れを頑張っている方や、髪の毛にこだわりを持っている方は、ドキドキしたのではないでしょうか。
 
飲み会があったときに、片思いをしていた彼と、帰り道に二人で歩いていたら、酔いを醒まそうとして公園のベンチで休憩していたという経験のある方もいるでしょう。
 
彼のほうからいきなり肩に頭をもたれてかかってきて、「寝ちゃいそう」と笑いながら言っていたということもあるようです。お酒も入っていて、いい雰囲気だったために、微笑まれてドキッとしたのではないでしょうか。
 
留学したときに、国によっては鼻と鼻をくっつけて挨拶をするという風習のあるところもあります。参加したメンバーの中には、気になっている男性もいたため、ドキドキしてしまったという方も、いるようです。 
 
顔を近づけて鼻と鼻をキスすると、まるで本当にキスをしているかのような感覚になるので、ドキドキが止まらなかったという方も、いるのではないでしょうか。
 
付き合ってないときに、気になる彼とのドキドキした思い出は、結婚した後でも思い出すことがありますよね。付き合うことはなかったけど、青春を感じる記憶になるのではないでしょうか。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事