2021.04.16

もっと惚れさせるチャンス♡彼氏が不安になるタイミングって?

 
弱っているときこそ、人のやさしさは身に染みるということを、経験したことのある方も、いおるのではないでしょうか。男性も女性も同じような考え方をしており、彼と別れたときに、相談に乗ってくれた男性のことを好きになったという方もいるでしょう。 
 
彼氏の心が不安定になっているときに、彼氏の力になることができると、今よりももっと彼から惚れられるかもしれません。今回は、彼氏の気持ちが不安になるタイミングについて、ご紹介していきます。
 
まず挙げることができるのは、仕事がうまくいってないときなのではないでしょうか。仕事をしていると、どうしても失敗してしまったり、ミスをして上司に迷惑をかけてしまうときもあります。 
 
 一日で仕事に費やす時間は、決して短くなく、通勤と退勤を合わせると、一日の大半を仕事で費やしているという方も、多いのではないでしょうか。仕事がうまくいっていれば、給料も上がっていき余裕を持つこともできます。
 
仕事がうまくいってないと、給料も上がらないので、心に余裕を持つことができません。ネガティブな気持ちになってきてしまう場合が多いので、落ち込んだりイライラしてしまうことがあるときに優しくされたら、彼女のありがたみもわかるでしょう。
 
体調が悪くなったときなど、弱気になってしまうという方も、多いのではないでしょうか。暗いことばかりを考えてしまい、心がふさぎ込んでしまうかたもいるようです。
 
彼女が優しく看病してくれて、心のケアもしてくれていると、彼女の存在を大きく感じます。彼の気持ちを無視するような、一方的な看病はやめるようにしましょう。
 
家族や友達などのような仲の良い人と、ケンカをしてしまったときなど、不安定な気持ちになって今うという方も、多いのではないでしょうか。心が不安定なときに彼女が傍にいてくれると、そのことだけで安心できる男性も多くいます。
 
無理にケンカをした理由を聞きだすのではなく、彼が自分から話しかけてくれるようになるまで待っていましょう。話したくないことなのに無理矢理聞かれてしまうと、さらに拒絶されてしまうかもしれません。
 
彼が話したくなるまで待ってあげましょう。ケンカの原因を分かってもないのに、頭ごなしに彼氏のことを否定しないというのも大切なことです。どういうときだとしても自分のことを優しく肯定してくれる存在である彼女には惚れ直しまう。
 
 心が安定してない状態で、誰かからもらった優しさは、普段の何倍にもなってありがたく感じます。弱っている自分に対して向けられた温かさというのは、強く印象に残るので、彼の気持ちにも強く残るでしょう。
 
彼女に温かい気持ちをもらったのであれば、今までよりもより一層彼女のことを好きになるはずです。彼氏がどこか不安を感じているような気がしたら、優しく接してみてください。
 
彼氏の気持ちが不安になってしまうと、ネガティブな考えしかできなくなるので、放置して置いたら取り返しのつかないことになるかも知れません。もっと惚れさせようという気持ちが無くても、ある程度彼に寄り添ってあげてください。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事