2021.04.15

「一途だな」と思われる女性と「重たい」と思われる女性の違い

自分のことを男性に一途だと思っていても、実際には「重たい」と思われていたら悲しいですよね。
「一途」と「重たい」の違いは、一体どこにあるのでしょうか?
今回は、「一途だな」と思われる女性と「重たい」と思われる女性の違いについてご紹介していきます。
彼が忙しいときには、彼の都合を理解することができているでしょうか。
仕事で忙しい彼に対して、「私のことが好きじゃないの?」と心配をぶつけてばかりの女性は重たいと思われてしまうでしょう。
逆に、仕事が忙しいことを理解して陰で支えてくれるような女性は、男性に一途差を感じてもらえるはずです。
重い女性は、連絡の頻度が多すぎたり返事を催促したりすることが多いようです。
いつでもつながっていたい気持ちから、ずっと連絡を取り合っていたいと思うこともあるでしょう。
しかし連絡の頻度は、彼のペースに合わせて無理のない関係を作ることで、一途さをアピールできるかもしれませんね。
彼の友人関係をやたらと探ったり、詮索したりする女性は重たいと思われるかもしれません。
不安な気持ちを解消したいがために、根掘り葉掘り聞かれると男性はうんざりしてしまうことも。
ある程度信頼して放任できる女性の方が、男性は「信用してくれている」と一途さを感じるでしょう。
反対に自分本位で「彼のために」と行動していては、独りよがりの恋愛になってしまうでしょう。
自分がしたいことを勝手に彼に押し付けていると、重いと思わてしまっても仕方ないかもしれません。

「一途だな」と思われる女性と「重たい」と思われる女性の違いをご紹介しました。
違いをしっかりと理解して、彼にとっての素敵な彼女を目指しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事