2021.04.18

ヤバすぎる...!「さげまん」になってしまう危険な行動4つとは?

「さげまんだよね」「あの子はさげまんだから気を付けたほうがいいよ」と言われてしまうと、とてもショックだと思いませんか?

できれば、あげまんと言われたいですし、あげまんと言われないまでもさげまんとは言われたくないものです。さげまんは一緒にいる男性をダメにする女性のことのため、何の魅力もありません。

そこで今回は、さげまんになってしまう危険な行動にはどんなものがあるのかについて紹介したいと思います。
愚痴が多い人がさげまんになる理由は、相手の気持ちが盛り上がらないからです。例えば、あなたの近くにいる人がいつも愚痴を言っているとしたら、あなたの気持ちは滅入ってしまいませんか?

下手したら影響されて自分まで愚痴っぽくなってしまう可能性もありますよね。愚痴を多く言ってしまうという行動は、相手の人間性までネガティブなものにしてしまうことがあるのです。

そのため、結果的に相手を下げて相手のいいところも消してしまうことがあるでしょう。これでは、さげまんと言われても仕方がないですよね。
自分に自信がない人は、相手にも自信を与えることができません。自信がないということは、行動や言動にネガティブさが目立っているということでもあります。

自信がない中でも頑張ってみようと思えるならまだしも、自信がない人はだいたい自分の殻に閉じこもってみたり、何かをする前から諦めてしまいます。

雰囲気が暗すぎて相手もダメにしてしまうタイプですね。自信がないことで周りに変な影響を与える行動はやめましょう。
多少の嫉妬ぐらい恋愛していたらあるものです。しかし、相手への依存が強くなりすぎるほど依存してしまうと、相手を束縛する行動に出るでしょう。

その結果、相手の仕事が上手くいかなくなったり、友達関係にヒビが入る可能性があったりと相手にとって最悪の状況を作ってしまいます。これではさげまんと言われても仕方ないですよね。

嫉妬や依存で相手を狂わす行動はしてはいけません。あげまんは、嫉妬しても依存はせずに上手にバランスをとっていますよ。
人に感謝しない行動は明らかにさげまんになるので注意しましょう。特に男性は、感謝されることで自分のモチベーションがあがるところがあります。

何かしてあげたのに感謝もされないのでは、自分が成長しても意味がないと感じて成長を止めてしまうかもしれません。

感謝しない女性というのは、意外と多くいます。自分がそうなっていないか今一度考えてみてくださいね。
さげまんになる行動は多々あります。「これはどうかな?」と何か行動しようと思ったら行動する前に考えてみてください。自分から悪い方向に向かう行動はしないことが大事ですよ。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事