2021.04.17

あんたの母親じゃないから!【ダメ男との別れを決意】した瞬間4選

世の中には、彼女のことを母親のように扱うダメ男が存在します。
付き合い始めは大好きだったのに、ダメ男な彼といるのが嫌になって別れを選ぶ人は少なくありません。
今回は女性が「ダメ男との別れを決意した瞬間」を4つ紹介します。
だらしない姿とは「服を脱ぎっぱなしにする」「食後の食器を片付けない」など、身の回りの世話を自分でできない姿のこと。
付き合い始めはそんなところも可愛く感じ、ついお世話してしまうこともあるでしょう。
しかし、いつしか「彼の母親」になったような気持ちが生まれ、彼の側にいることが嫌になる女性は多いです。
典型的なダメ男の特徴として「他人に注意されるとすねる」ことが挙げられます。
先ほどの話にも通じますが、たとえば彼のだらしなさを指摘したとき、素直に受け入れてくれないこともあるでしょう。
自分の間違いを注意されてすねる姿は、まさに母親に反抗する子どもそのもの。
そういった態度ばかり取られていると、彼を恋愛対象に見られなくなるのも不思議ではありません。
「お母さんはこうだった」「お袋はこう言ってくれた」と、何かにつけて彼女と母親を比較する男性はいますよね。
自分と彼の母親は違う人間なので、生活スタイルや考え方に違いがあるのは当然のこと。
その事実を理解せず、母親のやり方を押しつけてくるような男性に愛想を尽かす女性は多いです。
「私はあなたの母親じゃない」と積もりに積もったイライラは、別れを決意するきっかけになるでしょう。
何もできないダメ男と一緒にいると、無意識のうちに「必要とされている」「私が側にいてあげなくちゃ」と感じ、離れるのが難しくなります。
お世話することが幸せだと思うなら、その状態のままでもいいかもしれません。
しかし、ふとそんな自分を客観視したときに、多くの女性は目が覚めるもの。
「彼と一緒にいるときの自分は好きじゃない」という思いが芽生え、彼との別れを決意するようです。



母親のような扱いに耐えきれなくなったとき、多くの女性はダメ男との別れを決意する様子。
とはいえ、恋に盲目な状態では母親扱いされていることに気付きにくいため、たまには自分を客観視することが大切です。
紹介した4つの中で思い当たるものがあれば、彼との関係を見直すべきかもしれませんよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事