2021.04.19

理想の彼女への第一歩!風邪を引いた彼に喜ばれる「お見舞いの品」BEST3

近くに住んでいる彼氏から「熱が出て動けない」という連絡が来ると不安になるでしょう。お見舞いに行きたくても自分も明日仕事だと休むこともできませんし、泊まって看病するのも現実的ではありません。そうなると、せめて何か差し入れをしたいと感じる人も多いのではないでしょうか。

では、彼氏が風邪を引いた時には何を持って行くと喜ばれるでしょうか。あまり風邪を引いたことがないという人でも、これを読めば完璧なお見舞いができるというものを1位~3位まで紹介していきます。
彼氏が熱を出してしまった時、大切なのは水分補給です。お見舞いの時には、絶対スポーツ飲料を持っていくようにしましょう。まとめて買うと重たいので体調の悪い彼氏が自分で買うのは大変なものであり、持ってきてもらうと非常に助かるアイテムです。飲みやすいように500mLサイズを持って行ったり、折れ曲がるストローがあったりするとさらに喜ばれます。

ポカリスエットやアクエリアスなど色々なスポーツ飲料があるので、彼の好みを聞いて持って行くのも喜ばれます。他にも、スポーツ飲料だけではなく野菜ジュースなどの栄養価の高いものも喜ばれるので、彼に聞いて持って行ってあげると良いでしょう。
お腹の風邪ではなくても、体調が悪い時はなかなか物を食べられないものです。簡単に食べられるものとして、ゼリーを持って行ってあげるのもおすすめです。起き上がるのが辛いほど具合が悪いこともあるので、スプーンなどを使わずに食べられるパウチタイプのものも買って行くと喜ばれるでしょう。

ただし、ナタデココが入っているものには注意が必要です。ナタデココは美味しいですが消化に悪いので彼の症状によっては食べられないこともあります。食べやすそうなものを選んで買って行くようにしましょう。
彼氏の看病というとお粥などを手作りしたくなるかもしれませんが、実はお粥は家庭ごとに味やお米の硬さなどのこだわりが出るので、難しい手料理です。彼氏がマザコンではなくても母親の味と比較されがちなので、付き合いの短いうちはレトルト食品にしておく方が無難でしょう。

レトルト食品なら長持ちしますし、体力が落ちている時でも簡単に作れます。風邪の時はもちろん、復帰して溜まった仕事を片付けて疲れている時にも重宝するでしょう。「疲れた時に食べてね」という言葉と一緒に渡すと効果的ですので、こちらもぜひ差し入れに入れてあげてください。
漫画やドラマだと体調不良の彼の家に泊まり込みで看病をする描写が定番ですが、実際はお互いの生活があるので泊まり込みの看病をするのは難しいことも多いでしょう。そんな時、LINEでメッセージを送るだけでは味気ないので何か役に立つものを差し入れしてあげるのがおすすめです。もちろん距離が遠い場合はそうした差し入れ自体が難しいこともありますが、近くに住んでいてなんとか差し入れできる距離であれば何か買って持って行ってあげるのも良いのではないでしょうか。彼氏にほしいものを聞きつつ、喜ぶものを買っていき早く楽しいデートができるように看病してあげてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事