2021.04.19

運命は作れる!「ロマンチスト」な彼の落とし方・3つ

恋愛において「運命」という言葉に惹かれがちなのは女性が多いと言われています。実際、「運命の恋」や「一生に一度の恋」などのキャッチフレーズは女性をターゲットとしている映画に使われることも多く、納得できると感じる人も少なくはないでしょう。

しかし、運命を求めているのは決して女性だけではありません。男性も多くの女性と同じように、運命的な一生に一度の恋を求めているのです。すなわち、普通の出会いでも運命的な出会いだと感じることで恋愛モードになる人が多くなることが分かるでしょう。

では、普通の恋を運命の恋だと思わせるにはどうすれば良いのでしょうか。ロマンチストな彼を落としたい時に知っておきたい「演出力」について紹介していきます。
たとえ人見知りの人ではなくても、初対面の人との会話は気を使って疲れると感じる人は少なくありません。そのため、逆に考えれば「初対面なのになぜか話が弾む」という状況を作り出すことで、相手に「この人はもしかしたら自分の運命の人かもしれない」と思わせることが可能です。

そのためには、彼との共通点を多くしてから会話を始めましょう。共通の知り合いがいるのなら、彼の趣味や出身地、最近ハマっていることなど盛り上がりやすい話題をリサーチしておくのもおすすめです。共通の知り合いがいない場合でも、彼のSNSをこっそりみれば趣味が分かるかもしれません。話す前にしっかり共通点を用意して予習して話しましょう。
「運命」を感じる時、基本的には多くの偶然が重なっていると言われています。「偶然同じ趣味をしている」や「偶然今まで見てきた映画が同じ」などの共通点を増やすことで運命を感じさせることができるのは既に紹介した通りですが、他にも偶然を装うことで彼に運命を感じさせることも可能です。

たとえば、彼の行きつけのお店を共通の知り合いやSNSから知った場合は、あなたもそこに通うようにしましょう。そこですぐに声をかけるのではなく、数回通ってから「あれ? もしかして〇〇さんですか?」のように偶然を装って声をかけることで運命を演出できます。自分で作り出した必然を「偶然」として彼にアピールしていきましょう。
最後に大切なのは、「運命」という言葉を口に出すことです。何度も偶然が重なれば彼の方でも「運命かもしれない」と思ってくれるものですが、それでも勘違いだと自分の気持ちを打ち消してしまう人もいます。

しかし、そこであなたが「こんなに会えるなんて運命みたいですね」と口に出すことで、相手も「確かにそうかも!」と思ってくれるでしょう。人は、心で思っているだけよりも誰かから聞いたり口に出したりすることの方が信じやすいと言われています。その心理を利用して、口に出して運命を引き寄せましょう。
運命の出会いはとても素敵なものですが、実際には映画の中のような運命的な出会いを経験するのは難しいものです。偶然に頼っていてはなかなか運命を掴めないので、自分の演出力を駆使しながら運命を作り出し、気になる彼に近づいてみてはいかがでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連記事