2021.04.20

ダメな恋愛しがち!?尽くしすぎる女性が行きつくところとは?

女性の中にはついつい尽くしすぎてしまう人がいます。尽くしすぎることで恋愛がダメになる、尽くしすぎてもいいことがないというのが分かっていても尽くさずにはいられない人もいるでしょう。

ただ「本当に尽くしすぎると恋愛ってダメになるの?」「尽くすことがそんなにダメなの?」と思う気持ちもあるはずです。

今回は、尽くしすぎる女性が行きつくところはどこなのかについて紹介しますね。
尽くしすぎる女性は、誰にでも尽くすわけではありません。自分が本気になった人に対して尽くしすぎる傾向があります。そのため、尽くしすぎた結果、本命のセフレになりやすいのです。

本命からの要求は断ることができないため、つい体を許してしまうようになるでしょう。自分も本気で好きなので、むしろ体の関係になることも望んでいた可能性があります。

結果、本命の本命にはなれずにセフレのままで終わることが多くなりますね。
好きな人に尽くしすぎることで、相手の気持ちが全く入らなくなり友達以上になれないということも考えられます。

そのため、ずっと好きで尽くしているのに友達から発展しない、相手に告白しても「友達としてしか思えない」と言われてしまうでしょう。

また、友達なので「これ以上尽くされたらどうしていいか分からない…」と言われてしまうこともあります。どう頑張っても友達以上になれないことが多いので尽くしすぎは損なのです。
尽くしすぎる女性は、本当は自分も好きな人から尽くされたいと感じていることでしょう。しかし、自分が尽くしすぎるばかりに誰からも尽くされない人生になってしまうことが考えられます。

例えば、ちゃんと付き合った彼氏がいたとしても、自分のほうが彼氏に尽くしてしまうので、彼氏が尽くそうとしてもさらにその上をいってしまうのです。

結果、尽くしてばかりで尽くされることがありません。相手に与えるばかりの恋愛しかできなくなるでしょう。
尽くしすぎる女性は、結局は尽くすことを繰り返してしまいます。前回の恋愛でも前々回の恋愛でも尽くしすぎてしまう、次の恋愛でも尽くしすぎてしまうなどのように、結局は尽くす女に行きついてしまうでしょう。

尽くすことをやめたいと思っていても、天性の尽くす女である限りは尽くすことがやめられないのです。尽くしすぎるだけで終わることもあれば、もてあそばれてしまうこともあるでしょう。

そのうち、自分が尽くしていないと気が済まない状態になってしまうことも考えられますよ。
尽くしすぎるというのは、自分でも分かることがあるはずです。自分で分かっていながらも好きになると尽くさずにはいられない状況になっていませんか?深みにはまると危険なので気を付けてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事