2021.04.20

よく絡まれる女性必見!軽い男の上手な扱い方って?

軽い男には関わりたくないと思っているのに、出会いの場に行ったときや、学校や職場などでやたらと軽い男が近づいてきてしまうことがありませんか?

「うわ、本当に面倒くさい…」「私に話しかけてこないでほしい…」などのように感じてしまい「どこか行ってくれないかな?」と思うようになりますよね。

また、関わりたくないのにちょっとでも相手にするとしつこく絡んでくることもあるでしょう。そこで今回は、関わりたくないと思う軽い男の上手な扱い方について紹介しますね。
はっきりと関わりたくないと感じるなら冷たい態度をとりましょう。話しかけられても「うん」「そうだね」と一言しか言わないようにしたり、相手に質問して会話を広げたりしないようにしましょう。

あまりにも軽いノリでこられて嫌なときは、無視しても構いません。その場を離れたり、近づいてきたら話しかけられる前に逃げたりするといいでしょう。

冷たい態度をとっていれば、軽い男は自分が避けられていることに気付きます。それ以上しつこくしてくることもなくなるでしょう。
関わりたくないと思っている男性になら、自分のことをどんな風に思われてもいいですよね。関わりたくない男が周りに自分のことを何と言おうと「軽いから嫌なんだよね」と伝えれば周りも分かってくれます。

そこで、関わりたくない軽い男が接してきたら敢えて性格悪い女と思わせてください。例えば「話しかけないでください。」とはっきり言うなどです。

「あなたに関わるほど暇ではありません。」などのように敬語をわざと使って心を閉じていることを伝えるのもいいでしょう。
軽い男が関わってくるときというのは、自分と一夜を過ごしてほしいとかセフレになってほしいなどのように体の関係を望んでいることが多いでしょう。

それが分かるからこそ関わりたくないと思ってしまいますよね。もし、軽い男が口説いてきたときは「私好きな人がいるから…」と伝えましょう。

軽い男は、簡単になびいてくれる女性が好きなので、なびかない女性にはそれ以上アプローチしようとしないのです。好きな人がいなくてもいると嘘をついて軽い男を遠ざけてくださいね。
極端に言えば、軽い男のことは無視をして、違う男性とはコミュニケーションをとるなどのように態度を分けるということです。

軽い男というのは、意外と空気が読めるところがあります。そのため、あなたが態度を使い分けていることにもすぐに気付くでしょう。

「俺嫌われているからあの子には関わらないようにしよう!」と自分で決めてくれるので、近づいてこなくなりますよ。
近くに軽い男性がいる、軽い男性と出会ってしまったときは、態度に出して関わりたくないことを積極的に伝えていきましょう。軽い男に関わるとろくなことがないと思って自分を大事に時間を大事にしてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事