2021.04.21

行き過ぎは危険!「人が良すぎるカップル」が損をしていることとは?

いつも周りの面倒を見ているカップルや、いつも周りの心配ばかりしているカップルっていませんか?何かと周りのお世話をしていて忙しそうにしているカップルってたまにいますよね。

そういうカップルはそれはそれで素敵なものです。周りから感謝されることも多いでしょう。しかし、人が良すぎることで損をしていることもあります。

なぜ人が良すぎることで損をするのでしょうか。どんなことに損をしているのかについて紹介しますね。
人が良すぎることで、違うカップルの喧嘩に巻き込まれたり、友達夫婦の不倫問題や離婚問題に巻き込まれたりすることもあるでしょう。

普段から面倒見が良すぎると、よそのカップルの最悪の事情にまで入っていってしまうこともあるのです。本当は関わりたくないのに関わってしまうなんてことになりかねません。

結果、多大なる迷惑をかけられてしまい、人の修羅場に巻き込まれ疲れてしまうのがオチなのです。
人が良すぎるカップルは、何かを頼まれることも多いでしょう。その中で嫌だなと思うことがあっても、断れなくて引き受けてしまい、結果自分たちが忙しくなってしまうのです。

周りからも「頼み事がしやすいカップル」「これを頼むならあのカップルがいい!」と思われていることでしょう。

断れないことが多くなると、次から次へと何かの依頼が訪れます。楽しんでやれるならいいですが、そうことばかりでもないため損をすることも多くなるのです。
人が良すぎるカップルは、いつも周りのことばかりしているため、自分たちのことができない状態になってしまいます。ひどいときには二人の時間が全くとれないこともあるでしょう。

自分たちのことができないために、自分たちの記念日のお祝いなどイベントをスルーしてしまうことも少なくありません。思い出がその分減ってしまうようになるでしょう。

また、自分たちのことをしたいと思っていたとしても、人のことが気になってしまうため、カップルの会話もいつも人のことばかりになるのです。
人が良すぎるカップルは、いつも誰かのお世話をしていたり、周りにはいい顔をしていたりするため、それなりにストレスも溜まるでしょう。

気付いたら、カップル同士での喧嘩が多くなったり、カップルの仲に亀裂が入るほど疲れてしまったりすることもあります。結局は仲直りできてもまたストレスを感じて同じことを繰り返してしまう結果になるでしょう。

上手くストレス発散するきっかけをカップルで作っていかなければ、二人ともダメになってしまいます。
人が良すぎるカップルは、周りからも愛されていますし得することも確かにあります。しかし、精神的苦痛なども味わうことがあるため、あまりにも人が良すぎるのも危険ですよ(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事