2021.04.21

毎日満たされてる♡「愛されている」と実感できる瞬間って?

恋人に愛されていることを実感できる瞬間があれば、毎日が満たされて今している恋愛に対する不満もなくなりますよね。

しかし、「愛されているなんてどうやって分かるの?」「愛されていると思い込んだらいいの?」と考えてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、愛されていることを実感できる瞬間とはどんなときなのかについて紹介しますね。
デートした後に現地でバイバイとか、駅でバイバイとなるのではなく家まで必ず送ってくれるとなると「愛されているな......」と思いますよね。

「送らなくても大丈夫だよ!」と伝えても「危ないから......」「心配だから......」と必ず送り届けてくれると嬉しいものです。

特にお酒の場で「彼女を送るから飲まない!」と決めてくれた上で送ってくれると余計に愛されていることを実感することができるでしょう。
自分の誕生日をしっかりとお祝いしてくれる、記念日を覚えてくれていて記念日のためのデートをしてくれるなどのように特別な日を祝ってもらうことができたら愛されていることが分かりますよね。

また、自分から言い出さなくても相手が率先してお祝いのために準備してくれていると余計に愛情を感じて嬉しい気持ちになり満たされるでしょう。

期待していなかったときほど嬉しさも倍増しますよね。記念日を忘れていないだけでも嬉しいのにお祝いしてくれるとなると愛情を感じずにはいられないものです。
なかなか結婚のことを言い出してくれない人もいますが、真剣に考えてくれている様子が見えたら愛されていることを実感できますよね。

例えば、「今結婚したとして、どこに住む?生活はどうやってする?」などのように真剣に話し合ってくれる相手なら「本気なんだ......」というのを身に染みて感じることができるでしょう。

家族への挨拶のことまで考えてくれていると、さらに愛されていることを実感できますよね!
どれだけ忙しくても「この日はあけれるけどどう?」と率先して聞いてきてくれたり、仕事の後に「会いたかったから」と会いに来てくれたりすると愛されていることを実感するでしょう。

わざわざ相手から会う時間を作ってくれる行為が嬉しいですよね。疲れていると会うのも面倒だと思うはずなのに、それを通り越して会いに来てくれるなんて愛情そのものです。

会いたいと思ってくれるだけでも嬉しいですが、その思い通りに行動にしてくれるところがさらに嬉しいと感じませんか?
愛情表現は恋人はたくさんしているのに自分が気付いていないということもあるでしょう。それはとても勿体ないことです。少しのことでも相手の愛情に気付ける自分になれたらいいですよね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事