2021.04.21

結果は自分次第♡恋愛こそ捉え方が大事な理由って?

何事も捉え方が大事と言われていますが、恋愛こそ捉え方が大事だと思いませんか?自分次第でどうにでもなることってあるのに捉え方がおかしいだけでダメになることもあるのです。

しかし、捉え方を変えたところで何もならないとか、やっぱり嫌な結果になったと思うこともありますよね。

そこで、なぜ恋愛では捉え方が大事と言われているのかについて紹介します。
恋愛で捉え方を間違えてしまうと、自分で勝手に恋愛をストップさせてしまうことがあるでしょう。例えば「多分嫌われているからもうやめよ。」などです。

ちょっと何かがあってそれを悪い方向に捉えてしまうことで、そこで進展が止まってしまうことも考えられますよね。

しかし、いい方向に捉え方を変えてみると「もっと頑張ろう!」「明日も頑張ろう!」と思うことができるようになるでしょう。
相手に言われた言葉、相手にされた行動というのは、捉え方次第で自己中心的になってしまうことがあります。「こう言われたからこうだ!」と勝手に決めつけてしまうと相手に迷惑をかけてしまう可能性があるでしょう。

そのため、あらゆる考え方があることを知っておき、その上で誰も傷つけないような捉え方をすることが大事です。

自分を守ってばかりの捉え方も、暗すぎる捉え方もしないためには色んな視点を持って恋愛を見ていくべきですね。そのためにも上手な捉え方の練習をしておきましょう。
恋愛で捉え方が大事なのは、ネガティブになりすぎないようにするためでもあります。基本的にネガティブな人とポジティブな人とでは、同じことが起きたときに捉え方が真逆になるでしょう。

そのため、ネガティブな人は恋愛ができなくなることがあります。ポジティブな人ならたとえ失恋したとしてもまた次の恋愛に向けて頑張ることができるでしょう。

同じことが起きたのに全く違う人生になってしまいますね。ネガティブになりすぎて落ち込むよりも前を向いたほうがいいため捉え方って大事なのです。
恋愛において、上手な捉え方ができるようになったらその恋愛が長続きしやすくなります。なぜなら、思いやりを持つことができるからです。

人間関係において長続きしない人、恋愛で自分が選ばれない人というのは思いやりに欠けるところがあるでしょう。捉え方も自分勝手なものばかりです。

色んな考えができて相手のことも思いやれる捉え方ができる人こそが恋愛が長続きし、両想いになっても長続きカップルになれるのです。
今の自分の恋愛をどう捉えていますか?その捉え方次第では今の恋愛がいい方向にも悪い方向にも動いてしまう可能性がありますよ。自分次第でどうにでもなるということですね。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事