2021.04.21

別れたいけど情がある。自分で区切りをつけて別れる「きっかけ」って?

相手のことがもう好きではないとき、本当は別れたいという気持ちがあるものの、情が邪魔して別れられずにずるずる付き合ってしまうことがありませんか?

会いたい気持ちもなくなっていくため、付き合っていることが本当は辛いですよね。しかし、別れたら可哀相なのではないかという気持ちも持ってしまうのです。

今回は、別れたいけど情があるときに別れるきっかけとなるものについて紹介します。
別れたいと思ったときに別れるきっかけになるのは、やはり喧嘩です。ただ、別れたいと思っているときに限って喧嘩をしなくなったということもあるでしょう。

それでも、付き合っているとどこかで喧嘩が起きる可能性があります。喧嘩になったら「もうこんなんなら別れよう......」と言うことができますね。

お互いに感情がヒートアップしているときこそが喧嘩別れできるチャンスにもなります。自分の中での情も喧嘩のときは減るのでしっかりと別れるきっかけになるでしょう。
情があって別れたいけど別れられないときというのは、相手はあなたと別れたいと思っていないことが多いでしょう。だからこそ情がどんどん強くなるのですね。

しかし、そのままでいてもあなたの気持ちはどんどん下がっていくのではないでしょうか。おそらく、相手も気付いてくるようになりますよね。

別れるきっかけとしては、できるだけ早い段階で自分から別れを持ちかけることです。なかなか別れることができなかったとしても、持ちかけておくことで別れやすくはなるでしょう。
相手の嫌なところは、好きなときは帳消しになるものであり、見えないことがあるものでもあります。しかし、別れたい気持ちが出てきたときは相手の嫌なところははっきりと感じることができるでしょう。

別れるきっかけを作って自分の中での情を少しでも抑えるために、相手の嫌なところを見て呆れてください。呆れる気持ちがあればもう無理と思ってはっきりと別れを告げることができますよ。

相手を嫌いになってしまう可能性もありますが、別れたいなら仕方ないときもあるでしょう。
別れたくても情があるときは、他の異性のことも見てみましょう。まだ今の彼氏のことしか知らない、恋愛において世界が狭すぎることが原因で情がより深くなってしまうこともあります。

他の異性を見て素敵だなと思う人ができたら、彼氏への情は薄くなり、他の異性に対しての気持ちのほうが強くなるでしょう。

他の異性との恋愛がこのタイミングで上手くいくかは分かりません。ただ、別れたい彼氏と別れるきっかけを作れるという意味では一歩前進するでしょう。
別れたいけど情があるときは、別れのきっかけを作るのがとても大変です。ただ、いつまでも別れないままでいるのも時間の無駄になってしまうでしょう。自分の中で区切りをつけて頑張ってくださいね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事