2021.04.21

気まずいのは嫌だ...!デートの時に「話さないほうがいい話題」とは?

付き合ってまだ日が浅いと、思うように会話が弾まないこともあります。
場を盛り上げようとあれこれ話していたら、相手が気まずい表情になってしまった経験はありませんか?
今回はデートの時に「話さないほうがいい話題」について4つ紹介します。
彼から聞かれたならまだしも、自分から元カレのことを話すのはやめておきましょう。
彼氏が過去にどんな女と付き合っていたかなんて聞きたくないですよね。
男性も同じで、デートの時に他の男の話なんて聞きたくないし、興味ありません。
男性は意外と繊細な一面があり、不必要にプライドを傷つけてしまうこともあるので話す際は慎重に。
婚活で知り合ったなら問題ありませんが、そうでない場合、いきなり結婚の話をするのは避けましょう。
最初のうちはお互いを知り合うことが大事なので、急に「結婚」の二文字が出てくると引いてしまう男性もいます。
結婚についての話題は、それなりに打ち解けてある程度話せる仲になってからするのがよいでしょう。
デート中は収入についての話題も控えた方がよいでしょう。
男性は収入額をコンプレックスに思っている人も多いので、気軽には訊かないのがベター。
また「俺の金目当てなのか?」とあらぬ疑いも持たれかねません。
デリケートな話題なので、きちんと打ち解けてから話し合うようにしましょう。
とにかく沈黙をどうにかしようと、自分の話ばかりしてしまう方がいます。
明るい話ならまだよいのですが、苦労話や重たい話をするのは注意です!
聞いている男性の気分を下げて、疲れさせてしまう要因に…。
デートは緊張感がありつつも、本来は心がウキウキするような楽しいもののはず。
沈黙も一つのコミュニケーションなので、そんなに恐れる必要はありません。



お付き合いする前は、できるだけネガティブな話題や重い話題は避けるのが吉です。
基本的な人間関係と同じで、最初は節度を保って相手に配慮のある言動を心掛けましょう。
そうすれば自然と相手との壁もなくなって、いろいろな事が話せるようになってくるはずです。

(ハウコレ編集部)

関連記事