2021.04.23

ありえないっ!彼女との喧嘩でしてはいけない4つの「NG行動」とは?

恋人であれば付き合っていくなかで喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。その時に男性が原因で彼女を怒らせてしまった場合、男性は良かれと思ってしている事でも、彼女の怒りを倍増させてしまっている行動かもしれません。

彼女の怒りを抑え、早く仲直りするためにも彼女との喧嘩でしてはいけない4つのNG行動があります。それでは詳しくみていきましょう。
とにかく謝ればいいと思っていませんか?

自分が悪いと思っているからこそ「ごめん」と言う謝罪の言葉がでるはずですが、何度も何度も「ごめん」ばかりでは本当に謝罪の気持ちがあるのかどうか疑ってしまいます。また簡単に「ごめん」と言うだけでは根本的な解決にはなりません。

まず何に対して悪いと思っているのかをきちんと説明した上で謝罪することが大切です。謝られたからといってすぐに許せるものではありません。きちんと納得出来るように謝罪しましょう。
彼女が怒っているその原因がわからない場合でも「なんで怒ってるの?」と聞いてはいけません。この言葉は彼女の気持ちを全く理解していないという告白に聞こえます。怒っている本人に「なんで怒ってるの?」と聞くのは逆効果です。

まずは話を聞くことが先。落ち着いて話を聞くことで彼女の怒りも少し落ち着くかもしれません。話を聞くという姿勢がまずは大切になります。
逆ギレや言い訳は自分が悪いと分かっている場合には絶対にしてはいけません。言い訳をしたくなる気持ちもわかりますが、言い訳は彼女の怒りに油を注ぐだけで解決の道からは遠ざかってしまいます。

彼女と仲直りしたい許してもらいたいと思うのであれば、逆ギレや言い訳はせずに彼女の話を受け止め受け入れてあげましょう。怒りに対して怒りをぶつけてしまえばふたりの気持ちは余計にすれ違ってしまうのです。
女性は特に話を聞いて共感してほしいと思っている生き物です。時間が経てば解決する場合もありますが、怒っているなら放っておこうと言う考えは間違いです。

放っておけば彼女の怒りはヒートアップしてしまい手が付けられない状態になってしまうかもしれません。彼女の怒りの原因にしっかり目を向け話を聞いてあげて下さい。
これをみて「女性って正直めんどくさい」と思った男性も多いでしょう。ただこのNG行動を頭に入れておけば彼女の怒りをより悪化させる可能性は少なくなるはずです。

できれば喧嘩をせず仲良く過ごすのが1番ですが、もしも彼女を怒らせてしまったときにはぜひ実践してみて下さいね!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事