2021.04.23

結婚だけがすべてじゃない!結婚の「メリット」と「デメリット」とは?

ある程度の年齢になると、周りでは結婚している人が多くなってきますよね。また、結婚をしていないと「いつするの?」などとまるで結婚していないことが悪いかのような扱いを受けることもあります。

さまざまな生き方がある今の世の中、結婚をしないという生き方も少しずつ受け入られるようになってきています。

今回は結婚のメリットとデメリットについて詳しくみていきたいと思います!
まず何のために結婚をするのかというと、好きな人と家族になりたいからという答えが多いでしょう。結婚はその人と共に生きていくと約束するようなもの。好きな人と家族になれずっと一緒にいられるなんて幸せですよね。

好きな人との子供が欲しい方も結婚をしていた方がいいでしょう。好きな人、好きな人との子供と過ごす日々は幸せそのものかもしれません。
やはり結婚をしていると、「落ち着いた」「安定」といったイメージがあるようです。また経済面ではパートナーが働いていれば収入が増え、生活面では家事を分担し合ったりなど支え合うこともできます。

まだ結婚が幸せのスタートとゴールという考えが根強く残る日本では、結婚しているかしていないかでその人の印象も大きく変わってしまうようです。
結婚をすれば当然夫婦で過ごす時間が増えます。更に子供がいれば尚更一人の時間は減ってしまうでしょう。自由に一人で過ごす時間がなくなってしまうのは、結婚のデメリットといえるでしょう。

性格的に一人で過ごすのが好きという人は、このこのにストレスが溜まってしまうことも。好きな人と過ごす時間が苦痛に感じてしまうのは悲しいですよね。

「自由な時間が欲しい」という人は結婚に対してマイナスな印象を持っているはずです。
独身であれば、誰が好きであろうと何人と恋愛しても当然恋人がいればよく思われることはありませんが何か罰せられるわけではありません。しかし結婚をすればそれは浮気となり不倫となるのです。慰謝料を請求されたり裁判をしたりすることも。

自由に恋愛をすることができなくなるのも結婚のデメリットと言っていいでしょう。
結婚のメリットとデメリットについて見てきましたが、ここでわかるのは結婚は向いている人とそうでない人がいるということです。世の中は結婚した方が"勝ち組"、していない人を"負け組"と例えることがあり結婚をしていることが良いとされることが多くあります。しかし、結婚にもデメリットがあり結婚だけが全てではないのです。

結婚をしていなくても幸せになれますし、結婚でしか味わえない幸せもあります。結婚で幸せを決めるのではなく、自分が幸せかどうかが最も大切ですよ。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事