2021.04.23

それホントに大丈夫...?好きすぎるがゆえにやってしまう「4つの行動」って?

好きな気持ちが大きすぎるがゆえにやってしまう行動ってありませんか?相手にとっては良くないと思いつつも、どうしても気持ちが止められずに言葉や行動として表してしまいます。

好きな気持ちが大きい事は素敵なことですが、相手を困らせるような行動をしてしまうのは問題です。自分がその問題行動に当てはまっていないかチェックしながら見ていきましょう。
これはついついやってしまう誰もが経験のあることです。「好きな人と自分が付き合っていたら......」「もしも彼の家に遊びに行ったら......」など、自分と好きな人や恋人とのことを妄想して楽しんでしまいます。

もちろん頭の中だけのことなので人に迷惑をかけることはありませんが、好きすぎるがゆえにこうしたことを考えてしまうのです。
これは恋人関係となってからの事ですが、相手が好きすぎるがゆえに心配になったり、自分だけのものだという意識から束縛をしてしまうことがあります。

束縛の程度にもよりますが、例えば自分以外の異性とは話してはいけないなど極端な束縛は相手に苦痛やストレスを与えることになります。

好きだからしてしまう行動で好きな人を傷つけているということを自覚しなければなりません。好きな人が傷つくのは辛いですよね。自分の気持ちばかりを優先するのではなく、相手の気持ちや立場になって考えることが大切です。
喧嘩をしたときに感情が高まってしまい、つい思ってもいないことまで言ってしまうことってありますよね。また喧嘩をしていると相手の気持ちが自分から離れていっているような気がして、相手を試すような言い方をしてしまう時があります。

恋人同士の喧嘩でよくあるのは「別れる」と言って相手の反応を見ることです。相手側の「別れたくない」という気持ちを確かめたいが為の言葉ですが、実際にこの言葉を言ってしまい別れるつもりはなかったのに別れてしまったというカップルもいます。

相手を試すような言い方や言葉は誤解を生みやすく、思ってもいないような事態に発展してしまう可能性があります。喧嘩をして不安な気持ちを少しでも和らげたい一心でしょうが、絶対に言ってはいけない一言です。
好きな人に好かれたい・嫌われたくないという気持ちから、自分の気持ちを偽ってしまう事があります。相手によく見られようとつい嘘をついてしまい、取り返しがつかなくなってしまうこともあります。

好きだからこそいい自分を見せたいという気持ちはわかりますが、気持ちを偽り自分を偽る事で得られるものなど全くの無意味です。本当の自分をさらけ出すことが、自分にとっても相手にとっても1番良いことです。
好きな気持ちが高まってしまい自分の気持ちや行動に歯止めがきかなくなってしまうのは避けなければなりません。好きだからこそ相手を大切にしたり、相手を思いやる気持ちを持つべきです。

『恋は盲目』といいますが、好きだからこそよく考え行動することが必要なのではないでしょうか。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事