2021.04.24

会えなくても大丈夫♡恋人と「長続き」するコツ4つを教えます!

コロナ禍で気軽に会うことができなくなった最近では、予定が合わずに恋人と上手くいかなくなってしまったなんてことも多くあるようです。また遠距離恋愛のカップルも同じで、会えない期間が長くなればなるほど不安が大きくなるもの。

会えない時間が愛を育てるともいいますが、会えなくても長く付き合っている仲良しカップルがいるのも事実です。

今回は、会えなくても恋人と仲良く長続きするコツをご紹介していきます。
会えない分LINEや電話で連絡を取り合うことが増えますが、毎日同じことの繰り返しでネタが尽きてしまうこともあるでしょう。「おはよう」の次が「おやすみ」になってしまってはいませんか?

連絡を取り合うことを義務化してしまうとそれが苦痛に感じてしまうかもしれません。義務感ではなく習慣化することで連絡を取り合うことを当たり前のことにしましょう。

お互いの一日の出来事やたわいのない話など、どんなことでもいいので連絡を取り続けることが大切です。
この会えない時間はいつまで続くのだろうと不安になりますよね。「次はいつ会えるのか?」「この先の未来ふたりの関係はどうなっているのか?」など将来の話をすることもあるでしょう。この時にネガティブな話ではなくポジティブな話をするように心がけましょう。

いつ会うのかデートの予定を決めたり、何年後かには一緒に住みたいねなどの話をしたり、今は会えない時間が辛いですが将来の明るい話をすると頑張れます。
直接会って話ができない分LINEや電話等で連絡をとることが増えますが、LINEや電話では相手の雰囲気の変化までは気づくことができません。そのため、自分の勝手な思い込みで相手を疑ってしまうと言うことも増えてしまいます。

わからない分勝手に想像してしまいますが、まず大切なのは相手を信頼することです。そして不安なことがあれば必ず直接相手に伝えるようにしましょう。思い込みから来る誤解やすれ違いでふたりの気持ちが離れてしまわないように気をつけましょう。
予定を合わせ会う時はできるだけふたりの家の距離から中間地点の場所にしましょう。遠距離恋愛の人は、どちらかがどちらかの元へ遊びに行くことが多いでしょうが、そのバランスがうまく取れていないと不満へつながることがあります。

そういったトラブルを避けるためにも、会う場所は中間地点と決めることが大切です。
会えなくて寂しかったり好きな人といつも一緒にいたいと言う気持ちはもちろんですが、合っているときの時間がふたりの全てではありません。逆に言えば、会っていないときの時間をどう過ごすかによってふたりの関係性を左右します。

会えない時間に悲しむよりも、会えるときのことを考えたり会えてない時間をどう過ごすかによって毎日がもっと楽しくなるはずです。

恋人と長続きするコツ、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事