2021.04.24

もしかして…?♡男性が「女友達を好きになった」ときに見せるサイン4選って?

異性の友達は色々な意味でその定義が難しいものです。特に男性は女友達のことを恋愛対象として見ていることが多く、元は友達の関係だったのに気づいたら好きになっていたなんてこともあるようです。

そんな男友達と接している中で「もしかして私のこと好きなのかな?」と思うようなことはありませんか?男性は女友達を好きになったときに見せるサインがあります。このサインについて今回は詳しく見ていきます。
大勢の友達の中の一人と言う感じで男女の友達関係がスタートすることが多いのではないでしょうか?だんだんと会う回数や遊ぶ機会が増え、その中でも特に気が合う人とより仲良くなりますよね。はじめはグループで遊んでいたのに、最近はふたりで会いたがるのはその女性に好意を持っている証拠です。

ふたりきりの時間ふたりきりの空間というのは、好意がなくては過ごせないものです。いつもはみんなで会っていたのにふたりきりで会いたいと言ってきたならそれは女友達を好きなサインです。もしそう言われたら、その誘いを受けるか断るかはきちんと考えたほうがよさそうです。
好きな人を目で追いたくなるのは当たり前のことです。「最近良く目が合うな」と思うのは男性があなたのことをよく見ているからなのかもしれません。

いつもはただの友達として見ていたのに、恋愛対象として見るようになり気づいたら目で追ってしまうのはその女友達に好意を寄せていると言うサインです。
好きな人の前で他の女性の話をする必要はありませんよね。そんな話をしたところでメリットは何一つありませんし、好きな人に他の女性の話をすることで良い印象を与えられるとは限りません。なので極力他の女性の話はしないようになります。

好きな人が隣にいて話をすることができるのなら、その女性のことをもっと詳しく知りたいと思うはずです。
友達であれば性別は関係ありません。趣味が同じだったり波長が合ったりすれば誰でも友達になることができます。以前は性別を気にすることなく友達として接してきたのに、ある日を境に"男"を出し始めたらそれは恋愛対象として見ているサインです。

例えば重たい荷物を持ってくれたり車道側を歩いたりと、まるで恋人へ接するかのように女性扱いしてくるのです。元々してくれていたという男性は例外ですが、以前はしていなかったのに最近するようになってきたなど変化があればその可能性が高いです。
普段と違う行動や発言をされると、「もしかしたら好きなのかな?」という気持ちになりますよね。それが勘違いという場合もあるでしょうが、やはり友達と好きな人では対応が変わるのは当然です。

ここに挙げた4つのサイン以外にも、普段と変わった様子があればそれはもしかしたら友達から恋愛に変わったということかもしれません。

意識していなくても、そういったサインを感じることでその男性を見る目が変わることもあります。友達から恋人へ変わる日が来るかもしれませんね!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事