2021.04.26

彼のことをしっかり見ていない?「勘違いをしてしまった」と反省した恋愛

 
どういう出会い方をしていたとしても、恋愛に発展すると最初はドキドキして1人で勝手に盛り上がることもありますよね。盛り上がっていたかと思いきや、あっという間に勘違いだということに気がつく場合もあります。
 
盛り上がっていたはずの恋愛から目が覚めると、喪失感を感じることもありますが、幸せな恋愛ができないのであれば、冷めてしまったほうがいいです。今回は、勘違いをしてしまったと反省した恋愛について、ご紹介していきます。
 
彼の見た目を好きになって、恋をしてしまうということもありますよね。見た目だけに恋をしている状態なのであれば、彼にもその気持ちは伝わってしまいます。元カレに顔が似ているという理由だけで、付き合ったことのある方もいるでしょう。
 
彼の見た目だけに恋をしている状態だと、彼の中身や性格などを全く知らないので、付き合ったとしても上手くいくはずもありません。自分が傷つくだけではなく、彼のことも傷つけてしまうので、やめておきましょう。
 
容姿が好きで付き合った彼に対して、何かを褒めるときどうしても惹かれた部分が容姿なので、そこばかり褒めてしまいますよね。見た目しか褒めてくれない人のことを、本気では愛せないので、性格も好きになるように努力しましょう。
 
誰しも一度は経験したことのある現象で、「恋に恋する時期」というものがありますよね。その人に恋をしているつもりであっても、付き合った瞬間に恋の熱が冷めてしまうようなら、恋に恋していることになります。
 
恋に恋しているときは、テンションも高くなって楽しいですよね。もしかすると、普通のじわじわと幸せを感じる恋愛が、物足りなく感じてしまうかもしれません。
 
夢を追いかけている彼が好きで、追っかけをしていたのに、付き合えて彼の普通の瞬間を見てしまったときに、気持ちが冷める場合もあります。理想を求めているだけなのかもしれません。
 
女性であれば、運命の恋というものに憧れていた方もいるのではないでしょうか。運命だと信じて盛り上がっているときは、テンションも上がりますが、ダメだったときのガッカリ感も高いです。
 
共通点が多かったり、偶然昔の知り合いに会ったりすると、運命の相手だと感じてしまい、付き合うこともありますよね。一度冷静になって、考えてみることが重要です。
 
今となっては年の差結婚も当たり前ですが、「年上だから」「年下だから」というイメージがもともとあってしまうと、上手くいかなくなってしまうこともあります。
 
年上の彼には頼りがいを求めていたのに、甘えてきてばかりだったり、年下の彼と付き合ったら、彼が遊び人だったということもありますよね。どんな人であれ、中身が大事なので、見た目や年齢など、惑わされないようにしてください。
 
自分の気持ちが前面に出てしまい、彼のことを深くまで知ろうとしなかったり、彼に期待し過ぎてしまい、勝手に盛り上がって勝手に冷めるということもあります。今後は勘違いして、どちらも傷つかないようにしてください。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事