2021.04.26

「次は~しよう!」デートの別れ際に効果的な一言って?♡

 
彼氏と一緒に過ごして楽しかったデートが終わり、お互いに帰らなければいけない時間帯になってくると、どうしても少し寂しい気持ちになりますよね。女性だけが寂しい気持ちになっているのではなく、男性も同じ気持ちになっています。
 
言葉ではクールな感じになっているかもしれませんが、心の中では「もっと一緒にいたい」と考えているでしょう。今回は、デートの別れ際に効果的な一言について、ご紹介していきます。
 
多くの男性はデートから終わって帰るときに、男らしいということを意識したいからか、クールぶって惜しくないかのように帰ることも多いですが、本当は寂しい気持ちになっているはずです。
 
寂しいと感じていても、自分からはなかなか言えないので、彼女のほうから「まだまだ一緒にいたい、だめかな?」などと言われてしまうと、キュンとしてしまうのではないではないでしょうか。男性は強がることが多いので、女性からは素直に甘えていいようです。
 
帰り際に引き止めるような女性は、「重たい女」だと思われてしまいそうで、本心をなかなか伝えない女性も多いのではないでしょうか。男性も同じことを考えていて、強がっているだけなので、甘えてきてくれる女性は可愛いようです。
 
付き合い始めのころは、まだ家に泊まりに行くこともありませんでしたが、付き合い始めて一か月くらい経つと、お泊りデートをする方もいますよね。外で夜ご飯を食べた後、家まで送り届けてくれたときに、彼女から「家来る?」と誘われたら嬉しいでしょう。
 
男性は付き合い始めた最初の頃から、ずっと彼女の家には行きたいと考えていたので、彼女から誘われると、食い気味にOKの返事をするのではないでしょうか。実際に誘われたら、即答して彼女の家に行ったという方もいます。
 
彼女のほうから家に招き入れてくれるのであれば、舞い上がって行ってしまうのも仕方ありませんよね。付き合ってまだ期間が早いときに、彼を家に誘ってしまうと、彼氏から軽いイメージを持たれてしまうので、ある程度の時間が経ってからにしておきましょう。
 
せっかく楽しくデートをしたあとに、寂しくてしんみりされてしまうよりも、「次のデートはどうしようか」「次は映画館に行きたい」など、雰囲気を明るくして約束してくれる感じがいいようです。
 
次のデートの内容や、いつ会うかの約束もできるので、次への期待も高まりますよね。次のデートを楽しみにしながら明るく帰っていくほうがいいという男性であれば、長く付き合っていけそうですよね。 
 
次の日も仕事があるたと思っていたため、「そろそろ帰る?」と聞いてみると、「もう帰っちゃうの?」などと別れを惜しむような言動をされたことのある方もいるようです。
 
彼氏は仕事があると思っていたけど、実際には仕事が無く、そのまま朝まで2人で過ごしたということでしょう。彼女は当然のように2人で過ごすと考えていたので、驚いた表情をしたら、彼氏もドキドキしたのではないでしょうか。
 
デートの別れ際は、2人にとって愛情を感じることができる場面でもあります。甘えすぎても、冷めすぎていてもダメなので、ほどよくわがままを言って、彼氏をドキドキさせましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事