2021.04.27

誠意が大切!「好きじゃないのに付き合ってしまった」ときの対処法って?

好きとは思っていなかった人から告白されて、思わずOKと言い付き合うことになった人もいるでしょう。しかし、好きじゃないので自分の気持ちが盛り上がらず「楽しくない......」と思うこともありますよね。

しかし、好きじゃないのに付き合うと決めたのは自分です。これは、自分でしっかりとけじめをとらなければなりません。

そこで、好きじゃないのに付き合ってしまったときの対処法について紹介しますね!
まず、付き合ったからには好きになる努力をしましょう。そのためにも「好きじゃない」という気持ちを持たないようにして、「好きになれるかもしれない」という期待を持つようにしてください。

好きになる努力をしてみることで、相手のことが愛しいと感じたり、相手を見直したりする瞬間が増える可能性があります。

気付いたら自分のほうが相手に夢中になっていたということもあるでしょう。好きになる努力をして好きになれたら、相手からももっと大事にされるため、幸せになれますよ。
好きじゃない人が恋人になると、なかなか手を繋ぐ気になれなかったりデートする気になれなかったりすることも多いでしょう。

しかし、恋人になったので恋人らしいことをしてみてください。デートを定期的にして二人の距離を少しずつ縮めていきましょう。

恋人らしいことをしてみることで自分の気持ちを高めることができます。相手をちゃんと恋人として認めて進んでいくこともできるようになるでしょう。
好きじゃない人と付き合っていると、ついつい相手の嫌なところ、ダメなところばかり見て「だから好きになれない......」「やっぱり好きじゃない......」と思ってしまいがちです。

しかし、せっかく付き合うようになっているので、相手の良いところを探してください。素敵なところ、見習いたいところ、男らしいところを敢えて見つけていくのです。

良いところを探してみたほうが自分の気持ちが高まります。また、相手を尊敬することもできるので、結果的に良いカップルになれるでしょう。
あらゆることをして、相手を好きになろうとしたけどどうしてもダメな場合もあるでしょう。そういうときは、ずるずると付き合うと相手の時間を奪ってしまうことになります。

そのため、どうしてもダメなときは早めに別れを告げてください。「好きになりたかったけどなれなかった......」「友達としてしか見れなかった......」など正直に理由を伝えてもいいでしょう。

相手はショックが大きいでしょうが、長引かせてしまうと失礼なので優しさと思って早めに別れを告げてくださいね。
好きじゃないのに付き合ってしまったときは、相手に対する誠意を忘れないようにしてください。誠意を持って対応することでどんな結果になっても相手は受け入れてくれるでしょう。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事