2021.04.27

もう付き合っていいよね...?いいところで''恋愛が発展しない''理由とは

恋愛をすると、いつもいいところまでいくのに、そこから発展しないという人もいるでしょう。「付き合う寸前までいくのに付き合えていない」という状態になるタイプです。

周りから見ると、「付き合えるのでは?」「もう付き合っているでいいのでは?」とも思いますが、本人たちはそこまでいっていません。

あと少しで付き合えるところまできているだけにもどかしい気持ちにもなっているでしょう。なぜ、いいところまできて発展しないのか、その理由について紹介します。
恋愛はとんとん拍子にいくほどにスムーズに付き合うことができますよね。いいところまでいくのに発展しないのは、恋愛に時間をかけすぎているからです。

少しずつ発展してきているはずですが、時間がかかりすぎて停滞する時期も訪れてしまいます。その停滞の時期も今まで通りの過ごし方をしているので、いつの間にか付き合っていないのにマンネリ化してしまうこともあるでしょう。

時間がかかることで、キラキラしたときめく時期が過ぎてしまい、お互いに好きな気持ちも落ち着いてしまうのですね。
付き合っていないけどいい感じの状態、友達以上だけど恋人未満の状態にどちらかが心地よさを感じている場合は、恋愛が発展しにくくなるでしょう。

今の状態をキープさせたいと思っているため、発展することを望んでいないのです。「このままでいい......」「この状態が一番面倒でなくていい......」ぐらいに思っています。

発展したいと思っている側からすると「冗談じゃない!」と思いますが、相手の気持ちが乗ってこないと発展しにくくなりますよね。
今いいところまで来ているので、ここで「付き合ってほしいです。」などのことを言ってしまうと、ダメだった場合に関係が終わりそうで怖くて発展できないパターンもあります。

いつかはっきりさせないといけないのは分かっていても、その勇気がいつまでも持てないのです。そのため、発展せずに停滞してしまうのでしょう。

決定的なことを言うことで、付き合えるかもしれないのに、その自信が今はないのかもしれないですね。
最初は恋愛モード全開で進んできたものの、気が合うばっかりにいつの間にか友達感覚になってしまっていることもあります。

好きな気持ちはあるものの「友達としての相性がいいのでは?」と感じたり、「友達のほうがうまくいくのかな?」と感じたりすることもあるでしょう。

友達感覚になってしまうと、恋愛としての発展が見込みづらくなってしまいます。気付いたらどちらかに彼氏彼女ができてしまうこともありますよ。
恋愛でいいところまでいって発展しないときは、スピード力を持って進めていくこともとても大事です。スピードがあったほうがうまくいくことも多いので停滞しないようにできるだけ頑張りましょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事