2021.04.27

やけくそはNG!【長年の片思い】の最中にしてはいけないことって?

何年も同じ人を思い続けているという片思いをしている人もいますよね。片思いが長くなると、「これ以上どうしたらいいか分からない...」「もう見込みないかな?」と思ってしまうときもあるでしょう。

そんなとき、「思い出作りをしよう...」「どうせ自分の気持ちが叶うことがないなら...」とやけくそになってしてはいけないことをしてしまうときもあるはずです。

しかし、長年の片思いを叶えたいと本当に思っているのなら、片思いの最中にしてはいけないことがあります。何をしてはいけないのかについて紹介しますね!
片思いをしていると、つい身体の関係になることを自分が許してしまうときもあるでしょう。しかし、身体の関係になると、そのまま腐れ縁になったり、ただのセフレになったりするので危険です。

相手はあなたに好かれていることを知っているため、その気持ちを利用して身体の関係に持ち込もうとすることがあります。

身体の関係は一度でも許すとずるずると続いてしまうでしょう。長年の片思いをしていた相手と繋がれるのは嬉しいことだったとしても、誘惑に負けると恋愛にも負けてしまいますよ。
片思いの相手に好かれる努力をするのはいいですが、嫌われない努力をする必要はありません。嫌われたくないから言われたことをしないといけないと思っていませんか?

嫌われないようにすればするほど、相手にとって恋愛対象ではなくなってしまいますよ。都合のいい女性にしかなれなくなり、気付いたら家来みたいな位置になることもあるでしょう。

好きだから嫌われたくないという気持ちはあるでしょうが、努力する部分を間違えないようにしてくださいね。
長年の片思いをしながら告白を一切しないという人もいます。相手になんとなく気持ちは伝わっている可能性はありますが、あなたが告白しないことで相手は「どうしたいのか分からない」と思うことでしょう。

告白しないまま片思いが終わってしまってもいいなら今のまま思い続けるだけでも構いません。しかし、長年片思いをしているということは、付き合いたいという気持ちがあるのではないでしょうか?

いつまでも、自分が片思いをしているからといって遠慮していてはいけません。振られてもいいので、告白して一歩違う景色を歩んでみたほうがいいでしょう。
長年の片思いをしていると、「もう諦めよう...」と思うことが何度もあるでしょう。それでも諦めきれなかったために長年気持ちを持っていますよね。

諦めることも時には大事ですが、諦めるタイミングを間違えてはいけません。例えば、相手も自分を意識してくれているときに諦めると叶うものが叶わなくなりますよね。

諦めるのは、相手が都合のいい態度をとってきたときや、自分で納得したときです。タイミングを見極めて決断してくださいね。
長年の片思いをしている人は、片思いをしているときにしてはいけないことをせずに、なんとか実らせることを考えて行動してみてください!

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事