2021.04.28

自分の行動が原因かも!恋人に【束縛されてしまう】理由って?

恋人に束縛されることで「どうして信じてもらえないの?」「なんでこんなに自分を縛りつけてくるの?」と思うことがありませんか?

相手の束縛に耐えられないと思ったときは「好きな気持ちはあるけど別れたほうがいいのかな?」「別れないと相手もきついのではないか?」と考えることもありますよね。

しかし、束縛される側に原因があるからこそ、相手の束縛がひどくなっている可能性もあります。どんな原因があるのかについて見ていきましょう。
束縛してくる恋人のことを放置していませんか?恋人がいたとしても自由に過ごしたいという気持ちがあるかもしれませんが、放置しすぎると相手を不安にさせてしまいます。

「放置されるということは他に女がいるからではないか?」「こんなに放置するなんて浮気しているに決まっている!」と相手の妄想が悪い方向にどんどん向かっていってしまうのです。

もっと構ってほしいという気持ちが束縛に変わっている可能性もあります。少し相手のことも考えて、相手に目を向けてみませんか?
相手への愛情表現を忘れていませんか?言わなくても伝わると思ってはいけません。相手は愛情表現をされることで安心して、自分が愛されていることを知るところもあります。

愛情表現をしてくれない恋人に対して「本当に好きでいてくれているのかな?」「本当に好きな人は他にいるのでは?」などのように疑いをかけられてしまいますよ。

束縛は疑いからくることもとても多いため、愛情表現をしないことが原因で束縛が強くなることはかなり考えられるでしょう。
異性との距離が近い、異性が飲んだ飲み物を平気で飲む、異性がいるとテンションが上がるなどのように恋人がいるのに異性に対するクセが悪いところがありませんか?

日頃から恋人を不安にさせる要素をあなたが持っているからこそ、恋人が束縛せずにはいられなくなっている可能性もありますよ。

異性に対するクセが悪いと、周りからもそういう評判を聞いてしまいます。「私と付き合っている間は異性へのクセの悪さは出させない!」という意地も出て束縛する人もいるでしょう。
相手が会う約束をしてきても「忙しいから無理...」などのように何かと忙しいことを理由に断っていませんか?

「忙しい...」というのは数回使われるぐらいなら「そっか...。」と相手も納得できるものです。しかし、毎回のように使われたら「本当に忙しいの?」「浮気しているんじゃないの?」と思ってしまうでしょう。

結果、仕事帰りを待ち伏せされたり、連絡が頻繁にきたりなど相手の束縛を感じてしまうようになるのです。自分のことだけ考えた行動をしていると、相手の束縛を強くしてしまいますね。
恋人から束縛されることを感じた場合、自分にも何か原因があるのではないかと考えてみてください。もしかしたら、束縛させてしまう行動をしている可能性がありますよね!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事