2021.04.29

「好き」っていうのは恥ずかしい...!さりげなく好意を伝える4つのテクニック

大好きな彼に気持ちを伝えたいけど、告白するのが恥ずかしくてあと一歩が踏み出せないあなた。「告白しないで好意を伝えられたらな」と考えていませんか?

言葉にしなくても、さりげなく好意を伝える方法はあります。ぜひ参考にして、「好き」の気持ちを彼に届けちゃいましょう。
まずは彼の好きなタイプをリサーチして、彼好みの女性に近づくことを目指します。彼に、「どんな子がタイプなの?」と尋ねてみましょう。

好きなタイプを聞いた後は、見た目から寄せていくことをおすすめします。例えば巻き髪が好きなら、髪を巻いて彼に会うという感じです。

彼の好きなタイプにあからさまに寄せていけば、「もしかして俺のこと好きなのかな」と意識してもらえるでしょう。自分好みの女性になっていく姿を見て、嫌がる男性はいません。
鉄板ネタですが、ボディタッチをするのも有効です。誰にでもするわけでなく、彼にだけ触れるのがポイント。

彼に話しかけるときや話が盛り上がったときなど、軽く腕に触れると彼はドキッとします。ベタベタ触るとマイナスのイメージがついてしまうので、あくまでも軽く触れるよう心がけてくださいね。

自分にだけボディタッチするあなたを見て、彼は「自分は特別な存在なんだ」と認識するはずです。
さりげなく好きを伝えるためには、積極的に話しかけなくてはなりません。会話をする中で、彼のことを褒めたり自分をアピールしたりできるからです。

今まであまり話さなかった子が自分にばかり話しかけてきたら、誰だって「俺のこと好きなのかも」と思います。彼のことを深く知れるメリットもあるので、頑張って話しかけてみましょう。
積極的に話しかけて彼との仲が深まってきたら、デートに誘うのがおすすめです。話しかけるだけだと「友達として好いてくれてるのかな」と思われる可能性がありますが、デートに誘えば恋愛感情を抱いているとストレートに伝わります。

2人きりのデートが緊張するなら、グループデートを提案するのもよいでしょう。大切なのは、デートに誘って「もっと仲良くなりたいと思ってる」旨を暗に伝えることです。
さりげなく好きを伝えれば、告白しなくてもあなたの気持ちは彼に届きます。会話をする中で好きなタイプを聞いたりボディタッチをしたりして、彼との距離を縮めていきましょう。

仲良くなってからデートに誘えば、相手から告白してくれるかもしれませんよ。うまく好きな気持ちをアピールしてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事