2021.04.30

最近ずっと憂鬱で...「自分に自信がなくなった時」の対処法3選って?

特に悪いことが起きたわけではないのに、なんだか憂鬱な気分になってしまうという人もいるのではないでしょうか。

運動不足や不規則な睡眠時間、栄養の偏りなどが影響しているといわれていますが、憂鬱で自分に対して自信が持てない時には、そうしたことを改善するのも一苦労になってしまいがち。

では、「動きたくないけど、この憂鬱な気持ちをなんとかしたい」という時にはどうすれば良いのでしょうか。特に理由はなく、失敗もしていないのに自分に自信が持てなくなってしまった時の対処法について紹介していきます。
「最近特に失敗した覚えもないのに、憂鬱な気分になっている」という人は、もしかしたら失敗もしていない代わりに成功体験もしていないのではないでしょうか。

すなわち、「自分は単に生きているだけで、何もできていない」という気持ちによって、なんとなく憂鬱な気分になってしまっているのかもしれません。

そういう時には、自分自身の成功体験を思い出してみましょう。小さくても良いので、できるだけ最近の成功体験を思い出すことで「自分にも価値がある」と思えて憂鬱な気分も吹き飛ぶかもしれません。

「自分も誰かの役に立てている」、「自分にもできることがある」、「自分の特技はこれだ!」と自信を持つことができれば、憂鬱な気分も吹き飛ぶはずです。
実はポジティブなことを思い出すだけではなく、ネガティブな想像をすることで自分に自信を取り戻す荒療治もあります。

「このまま憂鬱な気分だと会社でも孤立してしまい、彼氏にも振られて、肌の調子も悪くなり化粧ノリも悪くなって、ダイエットも失敗して……」とできるだけ、最悪な事態を想定してみてください。

そこまで想定すると「絶対にそんな状態になりたくないから頑張る!」という気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。動く気力が湧いてくれば、身体も動いて気分も明るくなるといわれています。

負けん気の強い人は、悪い状態を想定してみるのも良いのではないでしょうか。
実は、憂鬱な気分の時は何をしても無駄ということもあります。成功体験を思い出しても「でも今の私はだめだから」と思えたり、最悪の事態を想定しても「いやいや、そこまではならないでしょ」と思えたりする場合は、何もせずに憂鬱な気分が過ぎ去るのを待つのもおすすめです。

待っていれば、天気が良くなって気分が明るくなる可能性もありますし、仕事が忙しくなって憂鬱になっている暇がなくなるかもしれません。

単なる天気や気圧、ホルモンバランスや暇な時間で憂鬱な気分になっている可能性もあるので、そういう場合はとにかく待ってみるのもおすすめですよ。
自分に自信が持てない時、無理に大きなことに挑戦してもなかなか動くことができず、その動けない自分へのジレンマでさらに自信を失ってしまう恐れがあります。

どうしても自分に自信が持てない時は、無理をせずにゆったりとした気分で過ごすことも解決策の一つです。あまり焦りすぎず、気楽な気持ちで気分が変わるのを待ってみてはいかがでしょうか。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事