2021.04.30

【社内恋愛】で別れると気まずい...!どう対応するのが正解?

社会人同士の恋愛は、なかなか会うことができずに寂しくなったりすれ違ったりして別れるカップルが多いと言われています。

その中で、社内恋愛であればお互いにほぼ毎日顔を合わせることができますし、仕事帰りに一緒に食事を楽しむこともできるため寂しくて別れるということはほぼないでしょう。

しかし、一緒にいる時間が長いためお互いに嫌な部分が見えて別れてしまうということもあります。社内恋愛は、一緒にいる時間が長いからこそ、別れてからも気まずく顔を合わせなければならないというデメリットもあるのです。

では、社内恋愛をしていても残念ながら別れてしまった場合、どのように対応していくのが正解なのか見ていきましょう。
社内恋愛で別れても、早ければ翌日に顔を合わせることもあるでしょう。そんな時、気まずいのはお互い様。気まずい状態でどちらかが避けてしまうと、二人の関係はますます気まずくなってしまい修復の機会を失ってしまいます。

場合によっては、周りの人にも気まずい思いをさせてしまう恐れもあるでしょう。そういう事態を避けるために必要なのが、別れた直後に自分から挨拶をすることです。

社交辞令としてでも良いので「おはようございます」と挨拶ができれば、少し気まずさは払しょくされます。お互いに普通の同僚としての距離感を意識して対応するようにしましょう。
周りの人から公認カップルとして扱われていた社内カップルの場合、別れたのに「次の飲み会の幹事は二人でよろしく」などと言われてしまい、気まずいこともあるでしょう。

そうしたことを避けるためには、親しい人に別れたことを伝えるのがおすすめです。別れたことを伝えておけば、変に二人きりにされることもありません。

また、親しい人だけに伝えておくことで、次第に周りに伝わるので自分たちの労力を減らすこともできます。周りの人に「私たち別れました!」と宣言するのも不自然ですので、普段から話す人や同じ部署の親しい人など、限られた人にだけ伝えておくようにしましょう。
社内恋愛は、順調な時でも別れた後でも仕事に支障をきたさないことが大前提です。そもそも職場は仕事をする場所ですので、私情をもちこんでしまうのは好ましくありません。

場合によってはお互いの社会人としての評価に影響する可能性もあります。どのような別れ方をした場合でも、どんなに未練があっても、仕事に支障をきたさないように別れる時に二人で約束するのが最低限のマナーだと言えるでしょう。
普段から一緒に楽しいことを分かち合えるというメリットがある社内恋愛ですが、別れた後は普通の恋愛以上に気まずい思いをしてしまいがちです。しかし、学生同士の恋愛とは違い、社会人同士の恋愛では別れた後でも大人の対応が求められるのも仕方ありません。

周りの人に迷惑をかけたり気まずい思いをさせたりすることがないよう、別れてからも最低限のコミュニケーションはとるなど、しっかり彼と打ち合わせをしてから付き合いを終えるのが好ましいでしょう。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事