2021.05.03

何でこんな気持ちになるんだろう?男が【恋に気付く瞬間】4選

男が恋していることに気づく瞬間は、妙に「あーそれでか」と納得しちゃうもの。
なんでこんな気持ちになるんだろう?その答えはここにあり。
自分の気持ちに鈍感な男性が、恋に気づくのはこんな瞬間なんです。
男性が恋に気づくのは、ときに手遅れな瞬間も少なくありません。
たとえば、その子に彼氏ができて胸が苦しくなったときですね。
今までは友達の一人だと思っていたのに、その子に彼氏ができた途端、素直に喜べない自分がいます。
「彼氏できたよ」の報告に、心がズキッとしてはじめて、自分の恋心に気づくのです。
まさしく、気づくのが少し遅かったケースですね。
慌てて告白しても「今更遅いよ」の一声で、恋が終わることがほとんど。
日常の友達との会話など、気がつくと好きな人の話ばかりしていたことは多いですよね。
無意識に話しているので、自分自身ではそのことに気づきにくいです。
誰かに指摘されてようやく、いつもその子の話ばかりしていたことに気づくんですね。
まさにこれも、男性が恋に気づく瞬間の一つ。
好きだからその子のことばかり考え、その子の話ばかりしていたのです。
一緒にいるのが当たり前な相手ほど、なかなか恋心には気づかないもの。
会えない時間を経験して、恋に気づくことも多いです。
会えない時間なんてなんともないはずが、妙に寂しくて仕方ないのです。
段々と寂しい気持ちが、会いたい気持ちへと変化します。
そこではじめて、自分が恋していることに気づくんです。
近すぎて気づかない恋心は多いので、少し距離を置く時間を作ることも大切なんです。
男が恋に気づくのは、一緒にいて心から楽しいと思ったとき。
二人で楽しい時間を過ごす中で、ふと「好きだから楽しい」ことに気づくのです。
友達として楽しいのか、線引きが難しいため、なかなか恋心だとわからない人もいます。
しかし異性間の場合、友情と決めつけてしまうのはもったいないこと。
一緒にいて心から楽しいと思える相手との恋愛も、素敵なものですよ。

男が恋に気づく瞬間はいかがでしたか?
正直「遅すぎる」と言いたくなってしまうくらい、恋心に鈍感な男性は多いんです。

(ハウコレ編集部)

関連記事