2021.05.01

ちょっと保留する...?男性が「結婚をとまどう」価値観の違いとは?

付き合っている彼氏と結婚したいと考えている女性もいますよね。結婚したいと思っているけれど、彼氏がなかなか結婚に踏み切ってくれないと悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

結婚は一大イベントです。気になっていることがあると踏みとどまってしまう男性が多いものです。

男性が結婚を踏みとどまってしまう理由の一つとして、彼女との価値観の違いというものがあります。価値観が違い過ぎると、一緒に生活いていけるのだろうかと不安になってしまうのです。

そこで、男性が結婚を戸惑う価値観の違いについて紹介します。結婚をしたい女性は、参考にしてみて下さい。
食べ物の好みが彼女と違い過ぎると、結婚を戸惑ってしまうという男性は多いです。一緒にご飯を食べているときに、「美味しいね」と感想を言い合って食べた方が食事の楽しみは何倍にも大きくなります。食の好みが違うとそれができなくて食事の楽しみが半減してしまうと感じるのです。

毎日の食事を楽しいと感じられないと、一緒にいるのが辛くなってしまいます。そのため、彼女と結婚したとしても、毎日の食事が楽しくない時間になってしまい、一緒にいたくないと感じるのではないかとの不安があるのです。
彼女との衛生観念が違い過ぎると、結婚をためらうという男性もいます。部屋が多少散らかっていても大丈夫な彼氏と、いつもキレイにしておきたい彼女が一緒に暮らすと、掃除の頻度や部屋の使い方に違いが出てきます。

そのため、小さなことに口を出されて、家にいるときの居心地が悪くなってしまうのではないかと感じるのです。ある程度の衛生観念の違いならば大丈夫ですが、あまりにも違い過ぎると一緒の家での生活が辛くなってしまうと感じるのです。
睡眠サイクルが違うと、結婚をためらうという男性もいます。夜型と朝型のカップルの場合、入眠起床の時間が変わってきます。仕事の都合上、仕方ない場合もありますが、睡眠サイクルが違うとコミュニケーションを取る時間が減ってしまいます。

また、自分が眠りたい時間帯に、相手が音を立てていると眠れないという場合もあります。睡眠時間をきちんと確保できないと、仕事に支障が出てしまうという男性もいるので、睡眠サイクルの違う彼女との結婚をためらってしまうのです。
身内との距離感が自分と違い過ぎて、結婚をためらうという男性もいます。家族との付き合い方は、その過程によって様々です。ドライな関係を家族と築いている人からすると、何でも報告し合う家族との生活は自分とは合いません。 
彼女と彼女の家族の距離が近い場合、自分の生活スタイルに合わない上に、どうやって関係性を築いていけばいいのか分かりません。そのため、彼女との結婚をためらってしまうという男性は多いです。
価値観が違うからと言って、結婚できないわけではありません。

どちらか一方の意見だけでなく、お互いの価値観をすり合わせて落としどころを見つけましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事