2021.05.02

もうめんどくさい!【束縛がひどすぎる】彼氏のエピソードって?

 
好きだという気持ちは嬉しいし、たまにであれば嫉妬して、ヤキモチを焼かれるのも嬉しくなりますが、メンタルを怖しに来るほどの束縛は付き合っていきたいという気持ちが薄れていってしまいます。
 
今回は、束縛がひどすぎる彼氏のエピソードについて、ご紹介していきます。似ているような経験のある方がいると、その彼氏は束縛がきつくなってくるかもしれないので、注意してください。
 
彼と離れているときに、彼から電話がかかってきたときや、彼からのメッセージをほんの数分気が付かなっただけで、彼から遊びの疑いをかけられたことのある方も、いるのではないでしょうか。
 
仕事しているときは、上司の目もあり、スマートフォンを頻繁に触ることができないということを、何回も彼に伝えているのに、納得してくれた二日後には、また連絡をしてきて、常に即レスをしてないと、浮気を疑われて怒られる日々に戻ってしまいます。
 
同じような毎日の繰り返しで怒られてしまうのは、そろそろ疲れてきますよね。付き合っていくのも考えなければいけなくなり、別れてしまいやすくなります。そもそもの話、仕事中にどうやって遊びをするのかという話になってきますよね。
 
勝手にスマートフォンを見るようなことはしてないけど、普通に2人で過ごしていると、いきなり拭き家で「写真フォルダ見せて」などと言ってきて、スマホの予測変換までチェックされるということもあるようです。
 
スマートフォンの予測変換で、知らない男の名前が出てこなかったりするのか、確認しているのではないでしょうか。彼女が心配しているということではなく、彼女を信用してないということになりますよね。
 
彼氏に自分が彼氏一筋だということを疑われて、信用されてないということが分かったら、悲しくなります。警察官のようなレベルの操作を、彼氏にされたとしたら、辛い気持ちになってしまいますよね。
 
スマートフォンのロック画面から始まり、TwitterやInstagram、Facebookまで、使用しているSNSのパスワードを教えろと言われたことのある方も、いるのではないでしょうか。
 
会ってないときに、何をしているのか知りたいと言われても、シンプルに怖すぎますよね。SNSに投稿したものに、「いいね」をしてくれた人を、チェックしていると付き合っていると怖くなってしまいますよね。
 
いつどこに自分がいるのか確認するために、GPSアプリのダウンロードをするように言われたことのある方も、いるのではないでしょうか。
 
遊びをしているのかの、確認のためにGPSをダウンロードさせたようですが、そこまで彼女のことが信用できないのであれば、付き合う意味はあるのか分かりません。相手に遊びを疑うような人ほど、自分がしている可能性もあるので、気を付けておきましょう。
 
束縛のひどすぎる彼氏は、相手を信用してなかったり、自分自身が遊んでいるからこそ、相手に遊ばれないようにしている可能性があるので、注意してください。
(ハウコレ編集部)

関連記事