2021.05.02

相手選びは慎重に!【恋愛相談】をするおすすめの友達の特徴4つ

恋愛に関して悩んでいるときに、いくら一人で考えたとしても、なかなか答えは出て来ないことが多いのではないでしょうか。答えが出てくるものであればまだ良いですが、答えが全くでてこないものまであります。
 
悩みの解決策を見つけるのは、身近にいる友達に相談しするという方も多いでしょう。ここで相談する相手を間違えてしまうと悩みの解決どころか悪化してしまうこともあるでしょう今回は、恋愛相談をおすすめする友達の特徴について、ご紹介していきます。 
 
恋愛相談をするときは、口が軽くて誰にでも話してしまうような方ではなく、秘密をしっかり守ってくれそうで、口の堅い友達を選ぶということが当たり前ですよね。噂話が好きな子に言ってしまうと、次の日には知っている方が大勢になっています。
 
口が軽いかどうかを見つけるにはどうすれば良いのでしょうか。正直相手の口が堅いのか軽いのか見極めることは簡単です。どう考えても、普段から楽しそうに、噂話をするような方は内緒話をしてはいけません。
 
大事な内容を話すときに、相手を選ぶポイントとして、一番重要なのは、口が堅いということです。どれだけ仲が良かったとしても、口が軽いのであれば、秘密を隠す気にはなりません。
 
恋愛相談を実際にするときは、彼氏のことを全く知らない友達を、選ぶようにしているという方も、多いのではないでしょうか。
 
彼の見た目が良くて、外面も良いので、彼を知っている友達に話しても「そんなことするような人じゃない」となり、自分が悪者になってしまうかもしれません。彼と面識がないのであれば、先入観なしで相談に乗ってもらうこともできます。
 
事実をしっかりと聞いて、相談に乗ってほしいときは、彼から遠い人を、相談相手にすることがおススメです。彼に贔屓したりしない、新しい目線でアドバイスをしてくれるようになるかもしれません。
 
他の人から恋愛のアドバイスが欲しいとき、彼側でもなく、自分側でもない中立の意見で話をしてくれる友達に、相談するという方も多いのではないでしょうか。
 
恋愛相談の場では、彼ではなく自分を肯定してほしいとなってしまいがちですが、たとえ友達が肯定をしてくれても、何の解決にもならないですよね。なれ合いになってしまうと、相談の意味が無くなってしまうので、気を付けているのでしょう。
 
 自分とは恋愛のスタイルが全く違うという方の相談したとしても、納得するような答えが返ってくることはあまりないですよね。奥手なタイプと、グイグイタイプが、どちらかを真似したいではなく、自分のスタイルのうえで相談だと、言えることはありません。
 
相談したことを本当に解決したのではなく、共感が欲しいという女性なら、なおさら似ている恋愛観に相談するでしょう。恋愛相談は、自分とは違った意見を聞くことで楽しめますが、あまりに価値観が違っていると、難しいのかもしれません。
 
恋愛で悩むと、アドバイスをもらいたいと感じることだらけでしょね。良い恋愛相談の相手を見つけることができると、良いですが、相手を選ぶときは慎重になってください。
 
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事