都市伝説

2021.05.03

「女性はペットを飼うと婚期を逃す」ってホント!?その理由って?

テレビや雑誌など、もしくは友人との会話の中で「女性は犬や猫を飼うと婚期を逃してしまう」なんていう都市伝説を耳にしたことはありませんか?

この都市伝説に対する意見は様々で「確かに婚期から遠のいてしまっている」と感じる人が居る一方「ペットを飼っていても結婚することができました」という超えもチラホラ。では、どうしてそのような都市伝説が生まれたのでしょう。理由を探っていきましょう。
人肌恋しくなると「彼氏が欲しいな」「結婚したいな」と思うのが一般的なのではないでしょうか。そんな時身近に寄り添ってくれるペットが居たら「結婚なんてしなくてもいいや~」と身近な幸せで満足してしまう傾向があるようなのです。

ドッグセラピーという治療法をご存知ですか?これは訓練されたセラピードッグが様々な病、悩みを抱えた人々に寄り添い、リハビリテーションを行うものです。医療でも証明できてしまうほど、ペットが人間に与える幸せは大きなものなのです。
結婚したいと思うのは「助け、助けられたい」「気持ちを共有したい」「求め、求められたい」「支えて、支えられたい」など、愛情を欲したり愛情を注ぎたいと感じるときともいえるでしょう。

運命の男性に出会う前に、ペットに愛情の矛先が行ってしまったら…男性に与えるはずだった愛はすべてペットに注ぎ「愛したい」という気持ちが満たされていくのです。その為、ペットに愛情は注いでいるし、ペットから愛情は注がれているから結婚したくてもいいや、という考えに陥ってしまうのでしょう。
犬や猫、又は鳥や爬虫類などをペットとして飼ったことがある方は、人間とペットの生活リズムが違うということを感じたことがあるでしょう。朝は早く起こしてあげないといけませんし、夜は早めに寝かせないといけません。

その為、外で夜遅くまで飲みに歩くなんてことはなくなるので急激に出会いの場も狭まります。彼氏が出来たとしても、ペット中心の生活は変わらないので悲しいことに別れてしまったという女性も多いようです。
犬アレルギーや猫アレルギーを持っている人は多く居ます。現に、何らかのアレルギーを抱えている人は2人に1人いるようです。一度発症してしまうと、簡単に治るものではないので生涯アレルギーに対して悩んでいくことも視野に入れなくてはいけません。

相手の男性が飼っている動物のアレルギーを持っていたりすると、将来のことを見据えたときにどうしても恋愛対象としてみることができなくなるのも事実です。また、アレルギーではなくても人には好き嫌いがあるので、動物嫌いの男性と結ばれることは難しくなっていくのです。
ペットは大切な家族です。ペットを飼っていると将来結婚する相手を見つけにくい、婚期を逃しやすいといわれていても、ペットとこれから結婚するであろう男性と幸せを掴むことが絶対に無理というわけではありません。

ペットと共存しながら、自分自身の将来を見据えて、犬好きな人たちが集まる場所に出向いてみたりなど、結婚について今一度考える時間・行動する時間を作ってみるのはいかがでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事