2021.05.05

本命じゃないからこそ話せる!男がどうでもいい女に話す話題

男性は、本命の女性と遊びの女性で態度を明確に分ける人が多いもの。

その態度の差は、話す話題にもあらわれるのだとか。

今回は、男性が「どうでもいい」と思っている女性に話す話題について解説します。


男性は、女性として尊重している本命女性に対して下ネタを話題にするのは控えるもの。
「下品だと引かれたくない」「ジェントルマンだと思われたい」という気持ちがあるからこそ、避ける話題なのです。

しかし、どうでもいい女性には「こんなプレイがしてみたい」などのストレートな下ネタを平気で言うのだとか。
本命には嫌われるのが怖くて言えないことでも、どうでもいい相手になら多少強引にでも要求します。

女性として大切にされていない可能性が高いので、彼との関係を見直した方がいいかもしれませんね。
男性は、本命女性に言うと幻滅されてしまうかも…と感じる愚痴や文句も、どうでもいい女性相手なら盛大にぶちまけられるのだとか。
男性の口から愚痴が出ると「弱音を吐いてくれるってことは私に心を開いてくれているんだ」と思ってしまいがちですが、会うたびに文句ばかり聞かされる場合はただのストレスの捌け口にされている場合が多いのです。

嫌われても構わない相手だからこそ、ネガティブなことも気にせず話題にできるのでしょう。
本命女性と話すときは、目の前の相手に集中しているのでほかの女性の話題は出ないもの。
しかし、どうでもいい女性と話しているときは上の空なので、話しているときに「あの子かわいくない?」「どうも俺のこと好きっぽい子がいてさ」という話題が平気で出てくるのだとか。

「ほかの女性の話題を出すとこの子が傷つくかも」という気遣いすらしない男性とは、早々に関係を精算すべきかもしれませんね。
「質問は興味の証」という言葉をよく見ますが、現実には「興味のない質問」も存在するのだとか。
たとえば、話すことがなくて場を持たせるためにする質問は、とくに相手に興味があるわけではありませんよね。

このように男性は、どうでもいい女性に対して当たり障りのない質問をして場をやり過ごそうとすることがあります。
彼の方から質問してきたのに「へえー」「ふーん」などの薄い反応しかしない、彼自身のプライベートなことを聞くと逆に質問で返される…などの特徴に当てはまれば、どうでもいい女性と思われている可能性が高いでしょう。


男性は、どうでもいい女性には、本命のような気遣いを見せないのが特徴です。
彼との会話に思いやりを感じない場合は、要注意と判断しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事