2021.05.05

彼との同棲を始める!【両親に挨拶はすべきか】を解説!

就職や転職を機に、彼と一緒に住もうという話が出た場合、どうすれば良いのでしょうか。お互いに就職していて毎月の生活費を自分たちの稼ぎで賄っているのであれば、特に親に挨拶もせずに同棲を始めても法的には問題ありません。

しかしながら、今後同棲期間中に支障がなければ結婚することを考えているのであれば、挨拶もなしに一緒に住んでいるとお互いの家族から悪い印象を持たれてしまい、結婚の障害となってしまう可能性もあります。

彼と同棲を始める時両家に挨拶をすべきなのか、挨拶をする場合としない場合の注意点も含めて考えてみましょう。
基本的には、同棲の時でも挨拶をする方が印象は良いでしょう。「将来を見据えて結婚前の挨拶をしている」ということが分かれば、両方の親も安心するものです。

結納をしたり両家の顔合わせの機会を作るよう正式な挨拶をする必要はありませんが、お互いに相手の実家に行き、自己紹介を済ませて同棲を始める程度の挨拶はしておく方が良いでしょう。

その方が、相手の実家の雰囲気も分かるので結婚の際の心の準備をすることができます。
相手から「挨拶の必要がない」と断れることもありますし、仕事や実家の都合で会いに行けないこともあるでしょう。その場合でも、黙って同棲するよりは事前に連絡をしておくことをおすすめします。

実際に顔を合わせなくても、子どもから親に対して「付き合っている人と同棲するから住所が変わる」と伝えておくことで、親も心の準備ができます。

住所が変わった連絡だけで済ませず「恋人と一緒に住んでいる」ということは親に伝えても良いのではないでしょうか。
親世代の場合「恋人同士が一緒に住むなら同棲じゃなく結婚するのが当然だ」という価値観を持っていることが多いです。

しかし、当人たちとしては「結婚前に相性を見たい」や「仕事が落ち着いた〇月頃にゆっくり準備してから結婚したい」などの事情があるでしょう。そうした事情があり、入籍する予定があるのに同棲期間を長めにとる場合は理由も一緒に説明できるようにしておきましょう。

男性側の両親も女性側の両親も、同棲するのに結婚しないとなると不安になってしまいがちです。「入籍しなくても結婚する予定があること」、「結婚はいつを目安に考えていること」など、両親を安心させられるようなことを伝えておきましょう。

そうすることで、実際に結婚する時に両親との関係も構築しやすくなります。
「とりあえず同棲したい」のではなく「結婚を見据えて同棲したい」のであれば、なおさらお互いに両親に挨拶しておくことで結婚後の心証を大きく変えることができます。

さらに、同棲期間をしっかり定めて結婚に対する具体的なビジョンを示すことで、両親もあなたたちの関係を歓迎してくれるでしょう。

今後の関係を良いものにして誰かも歓迎される結婚生活を始めるためにも、同棲の段階でお互いの両親に挨拶をして、適当な付き合いではないことを示しておきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事