2021.05.09

実はそんなことない!「恋愛がうまくいかない=不幸」と思ってしまう4つの理由とは?

恋愛がうまくいかないとき「自分は不幸だ......」「周りはみんな幸せそうに見えるのに自分だけ不幸になっているようにしか感じない......」と思うことがありませんか?

確かに、恋愛がうまくいかないとガッカリしたり不安定な気持ちになったりすることはあるでしょう。しかし、決して不幸になっているわけではありません。

なぜ恋愛が上手くいかないことが不幸になると思ってしまうのかについて紹介しますね!
恋愛がうまくいかないことが不幸だと思うのは、自分の思い通りに物事が進んでいないことが嫌でたまらないからです。

もしかしたら、今までの人生は上手くいっており、恋愛以外では様々なことが自分の思い通りになってきた可能性がありますね。だからこそ、恋愛でうまくいかないと不幸だと思いやすくなっているのです。

思い通りにならないことも楽しんでいる人は不幸を感じません。イライラしたり、葛藤しすぎたりすることが不幸を招いている可能性がありますよ。
恋愛している今、自分の全てが恋愛一色になっていませんか?何をしていても恋愛のことを考え、友達と遊んでいても話す内容が恋愛のことばかりという状態になっているでしょう。

また、恋愛のことを考えたいから自分の家に閉じこもってしまうこともありませんか?寝る直前、朝起きた瞬間から恋愛のことばかりで恋愛以外のことが適当になっています。

そのため、恋愛がうまくいかないと全てが終わったと感じてしまうのです。他の部分での幸せをまるで見つけることができていないと言えるでしょう。
恋愛が上手くいけばそれを周りに自慢できると思っていませんか?周りから馬鹿にされたくない、周りに上手くいっていることをアピールして羨ましいと思われたいという気持ちが強いのでしょう。

そのため、うまくいかない恋愛をしていると自慢できるところがないために不幸だと感じてしまうようになるのです。

今の自分が恋愛が上手くいくことが成功としか思えなくなっているのでしょう。そのため、上手くいかないことが失敗で不幸だと思えてならないのです。
恋愛と結婚を結びつけて考えていると、恋愛がうまくいかないことが結婚できないことと思ってしまうこともあります。

結婚できないということは、不幸なことなのではないかという考えが強くなっていることも考えられるでしょう。女の幸せが結婚と思っている人にありがちな考え方でもありますね。

また、結婚できない自分を周りが可哀相と思っているとも感じて余計に不幸に思ってしまうのです。
恋愛がうまくいかないのは、今たまたま起きているだけのことと思ってください。決して不幸なことではありません。うまくいかないほうが幸せに繋がることもたくさんありますよ!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事