2021.05.09

恋愛するとすぐに病む…【病まない方法】ってあるの?

恋愛するとすぐに気持ちが落ち込んでしまう、何かあると自分の気持ちが病んでしまって恋愛をやめたくなってしまうと思うことがありませんか?

恋愛するとすぐに病む自分に遭遇したとき、明るく前向きに恋愛している人のことが羨ましくなるでしょう。「何も考えてない状態になりたい......」と思うこともありますね。

そこで、恋愛するとすぐに病んでしまうあなたに病まない方法について紹介します。
恋愛して病む人というのは、人に遠慮する気持ちを強くもっている傾向にあります。そのため、前向きに考えることができず、あらゆることを悲観的に考えてしまうこともあるでしょう。

恋愛は悲観的に捉えてしまうとどんどん病んでしまいます。悲観的になりそうなときは、「この気持ちは自分だけの気持ちで誰が決めたものでもない!」ということを思い出してください。

明るい気持ちで恋愛している人は、何があっても悲観的にはなりません。なったとしてもすぐに切り替えて這い上がることができます。そういう自分になれるようにしましょう。
例えば、今日はうまくいかなかったとします。あまり話すことができなかった、連絡しても返事がなかったなどのように恋愛していると様々なことがありますよね。

しかし、大事なのは今日の結果ばかりを重視しないことです。今日がうまくいかなくても明日は分からないと思いましょう。悲観的になるぐらいなら未来に期待してわくわくしたほうがいいですよ。

一日一日単位で考えて悲観的になっていると気持ちが持たなくなってしまいます。未来を見て楽しい気持ちで恋愛をしましょう。
相手の気持ちを気にしてばかりいると、ちょっとしたことで「嫌だったかな?」「嫌われたかな?」と悲観的な気持ちが出てきてしまいます。

恋愛しているので、相手の気持ちが気になるのも、相手の気持ちを気にするのも当然のことであり、多少は必要なことでもあります。しかし、自分の気持ちを見失ってはいけません。

相手の気持ちばかり考えて悲観的になるのなら、そのときは自分の気持ちを優先的に考えて自分がどうしたいのかを見極めたほうがいいですよ。
もし、何をしても病みそうになるときは恋愛から離れて気分転換をしましょう。友達と遊びにいく、何も考えなくていいから料理に没頭するなどでもいいですね。

病みそうなときは、病みそうな対象から自分を逃がすことも時には大事です。気分転換になることは上手にしたほうが恋愛もうまく進むようになるでしょう。

病みやすい人は、病んだら〇〇をする!というのを予め決めておくのもいいですね。
病むことも多い恋愛ですが、実は病んでいる暇はありません。相手にどう自分をアピールするのか、相手と上手くいくためにはどうしたらいいのか考えることはたくさんあります。できるだけ前向きな恋愛をしていきましょう!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事